好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

KLR650のライトはレンズカットがある時代のもので、もともとそれほど明るくありません。
そして古さもあってか車検での光量チェックでは、けっこうギリギリ。

まわりを走る車のライトが明るくなったことや、自分の目が加齢で衰えていることもあり、
ライトが付いているか分からないこともあります。

暗くて見えない夜の走りを快適にしたくて、
いま流行のフォグランプ(アシストランプ)を装着することにしました。

 

PIAAのフォグランプ(アシストランプ)のセロー250専用を流用することに

格安なフォグランプも一応考えたのですが、
配線類やリレーはともかく、ぱっと見た感じ良さそうな防水のスイッチがあまりありません。

装着したら長く使いたいこともあり、ヤマハのワイズギアで採用されているPIAAの製品にすることにしました。
ストーンガードがついた形も好み♪

配線やスイッチ、セロー用のステーが同梱されたセロー250専用を流用するのがラクかなと思い、
セットのものを購入。

ステーは無駄になりますが、ストーンガードも、スイッチも欲しかったので。

 

開封して同梱類をチェック

内容物をチェックします。
ライト本体とストーンガード、ハーネス、ステー、スイッチ、タイラップやボルト類、それに取説です。

ハーネスは、バッテリーの+とマイナスにつなげる部分と、
キーオンで通電するように、アクセサリー電源につげるための専用カプラがついています。

 

ステーを購入して加工する

スタンド接地面拡大キットを買ったお店で、KLR650用のフォグステーが売っていたので一緒に買ってみました。

さっそくフェンダーをはずして取り付けると、車体左側のカウル部分とのクリアランスがほぼありません・・・。
どんなに薄いネジでも入らなそうです・・・。

仕方ないので、曲げます。
ちょっと傷だらけになりましたが、何度か曲げ直して良さそうなとことでOKにしました。
キズはほぼ見えなくなるので、このままで。

穴の大きさも別のLEDランプ用で大きさが合わなかったので、穴を拡大しました。
ここまでやるなら、自分で作っても良かったかも・・・。

 

ランプをステーに装着しました

最初、同梱のボルトナットを使ってみましたが、頭がメガネレンチで締めるタイプボルトなので、
もしステー部分がゆるんで傾くと、カウルに引っかかってしまいハンドルきれなくなるかも・・・と思い、
頭が丸いボルトを買ってきて装着しました。

 

現状の配線を整理する

USB電源、バッテリーを充電するための端子を付けているので、狭いシート下の空間はすでにビッチリです・・・。
このままではリレーやヒューズが入らなそなので、整理することにしました。

 

まずバッテリーをトリクル充電するための取り出し口は廃止。
USB電源は、余っているコードをカットして、ちょうどいい長さにしてつなぎ合わせました。

 

フォグの配線をしていく

セロー専用なので、もちろん配線の加工が必要です。
バッテリーの+に接続するところ、マイナスに接続するところはそのままでOKです。

アクセサリー電源につなげるカプラーは使えませんので、そこだけ加工します。
写真の上から伸びてきている線をカットして、キーがオンになったら通電するところへつなげれば大丈夫です。

 

カットしてギボシ端子つけたのがこちら。

 

ヒューズボックスのところから、USBとフォグの配線をとることにしたので、こんな配線をつくって接続しました。
黒い線の片側にUSB電源、もう片側にフォグをつなぎます。

 

電源まわりの配線完了。右下の黒いのがフォグのリレーです。

 

車体前方へ持って行った配線にフォグランプ本体を接続。そしてハンドルにスイッチを取り付けます。
そして点灯試験。バッチリです。

 

夜に光軸を調整して終了。

夜に点灯してみました。「明るい!」と叫んでしまうほどに明るいです。
ほぼ光軸オッケーでしたが、微調整して完成

上がフォグあり、下がフォグなし。
ヘッドライトがイエローなので暗めではありますが、左にあるホースを見るとかなり違うのが分かると思います。

 

試走

夜の町を徘徊してきましたが、本当に明るい。縁石などがよく見えるのでラクです。

LEDで消費電力も8Wとバッテリーにも負担が少ないのも良いですね。
フォグランプがあるスタイルが嫌いでなければおすすめです!

クルマでのデートが全盛だったころ、
アルバイトの先輩に教えてもらった、ベイブリッジが見える横浜のデートスポットです。

道路の脇にクルマを横付けして、横浜の港が見ることができ、
週末、港が見えるスペースには、いつもクルマが停まっていました。

住居も近くになあり、狭い一般道でしたので、書籍などに紹介されることもなく、
インターネットもない時代でしたので、なんとなくクチコミで伝わっていったスポットなのだと思います。
横浜に住んでいた同世代の人はけっこう懐かしい場所ではないでしょうか?

気晴らしにバイクで横浜でフラッと行った時に、港の見える丘公園の近くを通ったので、
その場所へフラッと立ち寄ってみました。

週末の深夜、道路の脇にクルマは一台も居ませんでした。

たまには誰かくるのかもしれませんが、
今の時代に、住居が近くにある道路脇に駐車するのもどうかとも思いますし、
そもそも、みなとみらい地区が再開発され、夜の街や港の景観は圧倒的にあちらの方がキレイです。

みなとみらい地区がまだ真っ暗だった時代は、デートスポットとして人気のある場所でしたが、
ただベイブリッジが見える場所になってしまいました。

本牧へ抜け、山下公園前を走ります。
ナンパスポットとして、二重駐車で走りにくかった山下公園前の道も、いまではガラガラ。

バイクを走らせ、少し昔を懐かしんできました笑

そもそもは、キャブOH後にスロット全閉で急制動するとエンジンがストールするようになりました。
規定値に回しておいたつもりですが、もしかしたら間違えて余分に回していたりしたのかもしれません。

エアスクリューを調整すれば解決するのですが、キャブを車体に取り付けてしまった後では、
KLR650は、キャブ調整用のワイヤー式のドライバーはもちろん、薄いL型のドライバーでも入らないスペースなのです。
(写真で見るイメージより隙間ありません)

 

それほどシビアなエンジンでもないので、
戻す回転数を間違えているとすれば、規定値付近までまわし直せばたぶん直るのですが、
キャブを外して回し直すのも面倒、なんとかスペースに入る薄い工具を作るのも面倒です。

そんな面倒でイヤだなぁと思っていたところに、
ハーレーのCVキャブ用に手で回せるエアスクリューが出ていることを教えてもらいました。
キャブをもう一度外すなら、エンジンをかけながら微調整出来るようにしたい!

 

エアスクリューキットご購入

海外では何社からかスクリューが出ていましたが、日本のサイトから買えるのは2つほどみたいでした。
いちおうKLR650用をうたっていて、値段も若干安かった、
「YOST PERFORMANCE ヨストパフォーマンス SCREW IDLE MIX CV CARB」をご購入。

買う人も居ないと思いますが(笑)いちおう貼っておきます。

 

キットの内容物

キットには、スクリュー、ガスケット、バネに加え、
スクリューを隠している蓋をはずすためのボルトも入っていました。

 

キャブ取り外し

部品も来たので、キャブを取り外しますが、クラッシュバーが邪魔なのです・・・。
これいちいち外さないとキャブにアクセス出来ません・・・
ま、キャブは頻繁に外すところではないので、いいのですが・・・。

 

スクリューをインストール

キャブのスクリューを蓋しているプラグは外してあるので、普通にスクリューを交換するだけです。

 

ノーマルのスクリューを外して、新しいスクリューに交換。

 

キャブ取り付け

インストールしたら、車体にキャブを戻します。
相変わらず、キャブを車体に装着するときのコツが分かりませんが、無事に収まりました。

マフラーやエンジンの熱があつそうではありますが、
エンジンをかけながら手で調整ようになったので、
オイル交換時にちょこっとエア調整とかも出来るようになりました。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss