好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

RG50Γ初期型に乗っていたのは高校生の時。
すでに原付のリミッターによる60kmの規制がはじまっていましたが、
このバイクには90kmの速度メーターが付いていて、メーター読みで95kmを出す事も可能でした。

ブレーキもたいして効かないのに、限界まで出せてしまうスピード。
そんなバイクに、筆記試験だけの原付免許で乗れてしまうという・・・。

おまけに当時は、法律的には原付はヘルメットをかぶらなくても良かったので、
ノーヘルで乗ることも可能でしたw

そんな背景で、事故も多かったのでしょう・・・。
原付でもヘルメットの装着が義務になり、過激なスペックは自主規制されました。

そのおかげで、初期型は2型以降と比べて人気がとても高かったわけです。
あまり格好よくない初期型の正三角形のウインカーは、ステータスでした。

このバイクには、なんだかんだ長い事乗っていたので、
街乗りはもちろん、箱根や富士山へツーリングに行ったりも楽しみました。

山へ行くと、どんだけエンジンを回しても、明らかすぎるパワー不足ででした。
そして、だんだんと中型に乗りたくなってくるわけですが(笑)

最高速を追い求めた原チャリは、たしかに95kmはでますが、
トルクは薄く、どのシーンでも速いわけではありませんでした。

そんなバイクに今乗ったら、どんな印象を受けるんでしょうね?
ちょっと乗ってみたい気分です。欲しいとは思いませんが・・・w

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss