好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→


October,1998  Honda XR100

すでに時期は秋。
霜がおりはじめて寒くなってきた標高が高い地域から、
標高の低い地域に移動しながら、西海岸を目指して快適な温度で走っていました。

その途中にあったのが、デスバレー。
もっとも低いところが海抜マイナス86mで、
夏の気温は50度を超えるらしく、最高気温56.7度を記録したこともある死の谷です。

death Valleyという名前から、
なんとなく断崖の間にある谷をイメージしてしまうのですが、地形は広大な盆地です。
(盆地という意味もあるようですが)

その盆地へと続く道を降りていくと、どんどん気温が上昇していきます。

すでに11月に近い時期でしたが、
暑さでライディングジャケットは荷物にくくりつけ、シャツ1枚で走っていました。
もちろん、観光客はみな半袖短パンです。

11月間近で真夏の暑さ。
真夏は暑すぎて、年間何人も亡くなっているほどで、
熱中症にすぐなってしまったり、本当に体が危ないらしいです。

エアコンもないゴールドラッシュの時代、そんな広大な盆地へ迷い込み、
暑さと飢餓と水不足に苦しみながら、何日も何日も歩き続けなければならなかったら・・・。
生き残った人が脱出時に「グッバイ・デスバレー」と言ったのも分かる気がしますね。

ここはやっぱり「死の盆地」ではなく「死の谷」だなと思いました(笑)


July,1998 Honda XR100

アラスカのフェアバンクスから
北極海に面したプルドーベイへ通じる道のダルトンハイウェイ。

ハイウェイと名が付いていますが、砂利道区間が700km弱あります。
日本で言うところの「酷道」という感じです。

その道を、北へ北へどんどん進むと、
森の針葉樹林がどんどん低くなり、まばらになり草原になっていきます。

学校で習ったタイガやツンドラ、
学校の授業ではピンとこなかった風景がそこにありました。

その何もない平原で、バイクを停めて休んでいると、
顔のまわりに、何匹もの蚊がまとわりついてきます。

なんでこんな所に蚊が・・、と思うのですが、
雪や氷が溶け、湿地のようになり、
地面に水がたくさんある北極圏のツンドラ地帯は、蚊がとても多いらしいのです。

世界的にも有数の蚊の生息地。
学校で習わなかった真実(笑)

白い道が緑の草原と丘の上へ続く、素晴らしい風景があるところで休憩し、
写真を撮った後、しばらくすると、すごい数の蚊が寄ってきます。

ヘルメットを付け、「プーン」という蚊の飛んでいる音を聞きながら、
しばらくの間、見とれていたのでした。

2018年02月08日

Honda XR100 October,1998
<BajaCalifornia,Mexco>

道を走っていると、ときたま軍の検問がありました。

悪い事はしていないし、軍や警察がひどい事をしている地域でもないので、
「検問です。免許見せてね、どこまで行くの?」くらいしか聞かれません。

日本の検問と違うのは、銃。

日本の警察官でも拳銃を身につけていたりはするのですが、
あまり見えない感じなので、それほど銃を意識する事はありません。

しかし銃が当たり前の世界では、
軍の人達は目立つ銃を持ち、威圧感をはなっています。

映画でしかみないような銃のある光景ですが、
いたって普通の光景なのでしょう。

しかし、銃を見ない日本人の私からすると、
手を伸ばせば手が届く位置にある銃が、なんというか、とっても恐ろしい。

威圧感を感じているところへ、若い兵士が話しかけてきます。

「小さいバイクいいね!ちょっとまたがらせてよ」

「だめです!」なんて言えるわけもありません(笑)

バイクにまたがり、銃をかまえてポーズをとる兵士。

おそらく気さくで楽しい人なのでしょうが、いくらおどけてポーズをとっても、
こちらは若干の緊張感を保ったまま(笑)

銃をほとんど見かけない暮らしをしている私には、
そこに銃があるだけで、一生ずっと馴染めない光景なのだろうなぁ。

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss