feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

ハンドルまわりはシルバーにしたい思いが強かったので、ビゴーレの純正のステムを手に入れました。このステムなら、デザイン的には変えたくなることはないでしょう。今回は、コラムをカットして、ステムをセットしていきたいと思います!

VIORE純正ステムを購入

VIGORE クロモリレーサーは、1インチのフォークコラムなのですが、1インチ(25.4mm)〜1-1/8インチ(28.6mm)のシムも付属していて、さすが純正という感じ。長さは100mmか110mmで悩みましたが、100mmにしました。

 

コラムカットをする

ステムを取り付けて、トップキャップがちゃんとステムを押さえつけられるよう、上のツラから3mmくらい下でカットします。この自転車にはコラムと太さを合わせるためのシムをつけるので、シムをセットし、その上の位置でカットしました。

印をつけて、パイプカッターでカットしました。パイプカッターは、家を立てた時に水道管切るために買いましたが、自転車のコラムやハンドルを切っている回数のほうが圧倒的に多いですね。DIY派なら持っていても損はないです。

切り終えた切断面は切った時の圧力で少し盛り上がってるので、ヤスリで整えれば終了です。

 

ステム仮付け

ちゃんと取り付けるためには、スターファングルナットをコラムに打ち込まなければなりません。スターファングルナットは、誰か工具を持っている人を捜そうと思いましたが、かなり安いものがあったので、ポチッ。「商品は安くていいのだが、また使う機会があるのだろうか?」的なレビューが多くてウケました。

なので、スターファングルナットを後日取り付けてから、きちんと固定することになります。

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る
// RWGPS埋め込み表示用