feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

スターファングルナットを打ち込んでいなかったので、ハンドルはまだ仮組だったのですが、使う機会がほぼないのだろうなぁと思いつつも、高価なものではなかったので買ってしまいました。早速スターファングルナットを打ち込んでいきたいと思います!

アンカーナットセッターをご購入

使用する機会がまずないので、リーズナブルなGIZA PRODUCTSのものにしました。この価格なら、たとえ使うのが1回でも、ツールを自作するより良いきがします。

サイズは、1インチ用(25.4mm)と1-1/8(28.6mm)がありました。

VIGOREクロモリレーサーは、1インチのコラムです。説明を読むと1インチは1インチのを使ってくださいと書いてありますが、1-1/8インチのものを購入しました。

シムをかませば使えると思ったこと、他の自転車にももし使うことがあったら、最近のトレンドである1-1/8のほうが、まだ使用機会があるかもしれないということで。

 

スターファングルナットをセットして打ち込む

コラムと筒のサイズが違うので、変換シムをつけたままコラムの外側に筒をセットします。スターファングルナットもコラムの上にセット。

そして打ち込みです。上に押し込み用の機械をセットして、トンカチで叩いて押し込めば終了。さすが専用の工具だけあってあっけなく打ち込めますね。

アンカーナットセッターをはずせば、ちゃんといい位置にスターファングルナットがセットされていました。ハンドルをきちんと取り付けすることが出来るようになりました!

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る