feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

恵比寿からレインボーブリッジへ

田町に用事が出来たため、自転車で用事を済ませつつレインボーブリッジを渡り、
今話題のガンダムを見てくるという計画を立てました。
さあ、恵比寿のゼスト前を出発です。今日の自転車は社用車のLGS-CM。
8インチ小径車です。かつて良く通った道を田町へ向かいます。
そして、用事を済ませたら腹へりました・・。
時間があんまりないので、吉野屋で牛丼です。
牛丼食べて元気になったところで、すぐにレインボーブリッジに到着・・近すぎです。

PHOTOClickで拡大

ゼスト前を出発

PHOTOClickで拡大

田町で吉牛

PHOTOClickで拡大

レインボーブリッジ到着

 

レインボーブリッジを輪行で渡ろう

レインボーブリッジの歩行者用通路は、
「折り畳み自転車を専用袋に入れれば通行可」となっています。
入口に警備員がいるんで、「自転車は行けないよ〜」と制止されますが、
「畳んで持って行きマス〜」というと、「袋持ってる?」と言う感じで通してくれます。
輪行袋は、まさに通行手形。この通路を渡るための必須アイテムです。
警備員さんは慣れていて
「向こうから自転車もって渡って来る人いるよ〜」なんて教えてくれました。
看板には明確に「折り畳み自転車」と書いてあるので、
ロードの輪行はナゾですが、たぶん止められますね・・やりたいとも思わないけど・・。

エントランスを入ると、ノースルートとサウスルートの分岐点です。
割とノースはクルマで通るんで、サウスルートのエレベーターを上ります。
金網越しの景色を見ながらテクテク歩いて行くと、反対から輪行している人が!
挨拶をして少しお話です。ストライダでお台場を回っていたようでした。
記念写真を撮って、ひたすら歩き続けます。お台場の方を見ると、すでにガンダムが見えました。
ここからこんなに見えるんだから、さぞかしスゴイんだろうの期待がふくらみます。

お台場よりにサウスとノースの連絡通路があるんですが、そこもチェック。
なんと橋の下に入れます。そうこうしているうちに、終点〜。ガンダム目がけて一直線〜。

PHOTOClickで拡大

LGS-CMとストライダ

PHOTOClickで拡大

連絡通路

 

お台場海浜公園

すぐにガンダム〜と行きたいところでしたが、お台場の砂浜を眺めてみます。
昔はなんにもない、真っ暗な怪しいデートスポットでした。
思い出すほどの思い出はありませんが、なんだか懐かしい。
来たついでに自由の女神も見てみます。
みなガンダムの方へ行っているからか、誰も見ている人がいませんでした。

PHOTOClickで拡大

お台場の浜

PHOTOClickで拡大

お台場からレインボーブリッジ

PHOTOClickで拡大

自由の女神

 

1/1スケール ガンダム すげえ

人がひっきりなしに公園に吸い込まれて行くんで、公園外に自転車を止めて歩いて見にいきました。
会場につくと・・そこにはガンダムが立っていた。
すごい迫力、もうなんと書いていいか分かりません(^_^;)
細部までリアルなんで、見ていて飽きませんね〜。ガンダムファンなら、一日いても飽きなそうです。
私は仕事を抜けだしている為、時間的制約から、そそくさと股の下をくぐって記念撮影。
後ろ髪引かれながら、会場を後にしました>< 正直もっと見ていたかった。。

PHOTOClickで拡大

ガンダム!

PHOTOClickで拡大

ガンダム!!

PHOTOClickで拡大

ガンダム!!!

 

レインボーブリッジを再度輪行

片道は走ってもいいかなと思っていたんですが、
せっかくLGS-CMという持ち運びやすい自転車で来ているんで、
レインボーブリッジのノースルートで帰ることにしました。
テクテクテクテク歩きます。排ガスが臭いです。それから騒音がヒドイです。
でも、橋の上から眺める景色はいいものですね。

PHOTOClickで拡大

エレベーター

 

レインボーブリッジの真下へ

レインボーブリッジを出て、橋の下にある公園へ行きました。
ガンダムも凄いけど、真下から見るレインボーブリッジもスゴイです。
こんなもん作っちゃう人間ってなんでしょうね・・。

PHOTOClickで拡大

出口を出たところ

PHOTOClickで拡大

お台場方面を望む

 

走行データ

20090818_gundam.gpx

<英国からお得に自転車用品を。日本語が使えるオンラインストア。>
世界中のサイクリストのためのWiggle
コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る