feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

またまた福浦岸壁へ太刀魚釣りへ行ってきました。小型の太刀魚が入りって、アタリは多いものの針がかりしない状況が続きました。

釣行日:2019/6/2

 

アタリはあるけれど釣れない小さい太刀魚

シブシブに設定した浮きで太刀魚釣りを始めます。何度かウキは沈みましたが、ウキが沈んで見えるところでずっととどまっているパターン。このパターンは小型の場合が多いですが、場合によっては大型もいるので捨てずにじっくり針がかりを誘いました。

たいてい針がかりしないので終わるのですが、まず1匹釣れました。指2本ベルトサイズ。針は口の先にちょんとかかっていました。小さいのでリリースです。

その後もアタリは出るのですが、釣れるのは小型ばかり。かなりの数の小型太刀魚がいるようです。このサイズは狙っていませんが、同行者には「短刀狩り」と言われる始末・・・。

特に小型を釣る仕掛けにはなっておらず、針は運悪く口にかかって釣れた感じでしたので、小型の活性も良かったんでしょうね。

 

やっと釣れた3本サイズ

大型太刀魚もまだいるはずと思いながら、丁寧にアタリを拾っていったものの、この日に釣れた一番いいサイズが指3本サイズでした。

このサイズなら十分食べるところはありますが、もう少し大きくないとちょっと寂しい。大型はどこいったんだ〜・・・。

前回今回は仕掛けを太刀魚釣りを始めた頃に近いものに戻しました。アタリの数で同行者に負けることが多かったのですが、ここ二週は同行者よりアタリの数が多かった!ちょっといい傾向。

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る