feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

当時定番の18-50mmのズームレンズをメインに使っていましたが、
どうもしっくり来なくて、35mm換算で35mm程度の単焦点レンズがずっと欲しかった。

売れ線はAPS-C専用で格安のパンケーキレンズ24mm。写りもまぁまぁいいらしい。
40mmパンケーキでも写りに不満はなかったし、スナップ用で手軽に持ち出すならコレはいい選択と思いました。

しかし、ちょっと前に見た手持ちで撮った滝の写真を見てIS付きの可能性がずっと引っかかり、
気持ちは24mm f2.8 IS(ISは手ぶれ補正機能です)に傾いていきます。フルサイズ機を買っても使えるってのも魅力です。

もちろん、明るくて写りのいいレンズでじっくり風景を撮影するのも良いと思うけれど、
子供と一緒にお出かけしていると写真を撮る時間も限られたり、
撮影のために出歩くということはしないので、まず三脚を持ち歩かない^^;
スナップをシャパシャと撮っていく使い方。

さきほどの滝の話に戻りますが、
ISがついていると家族と一緒に滝をみているとき、手持ちでサクッとスローシャッターが使えます。
三脚で5秒とかそういうのにはかないませんが、1/6秒とかを手持ちでいけるのです。

とはいえ買ったときに手持ちで本当にいけるのか試してみました。水道を滝にみたたて(笑)

下の水道の写真の左が1/6、右が1/60。
水の流れは分かりにくいかもですが、1/6でも手ぶれしてません。すごい。

広角系のレンズに手ぶれ補正は必要ないと言われていますが、
室内で子供を撮る時などに手ぶれでのミスが減ることもあるだろうし、
時間や機材がない中でも手持ちスローシャッターでちょっと作品的に撮ることもできる。

そんなことで、レンズやPC関連のものを処分しつつ、24mm f2.8 IS USMに乗り換えをしました。

景色などの写りもちょっとだけ外で撮ってみましたが、予想通り普通の写りです(笑)
見た目はちょっと安っぽいですが^^;、大きさもしっくりきます。
APS-Cだと38mmのレンズになるのでゆがみも少なく、とても使いやすそう^^

20150429 (1) 20150428 (11) 20150428 (10) 
20150428 (7) 20150428 (8)

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る