feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

花粉症の根治や軽減が期待できる舌下免疫療法をはじめました。私はスギ花粉アレルギーもダニアレルギーも両方持っておりどちらの治療も受けれるのですが、まずはスギからはじめることにしました。2〜3ヵ月たって少し落ち着いたら別の病院を紹介してもらい、ダニアレルギーの治療もはじめたいと思っています。

本当は花粉シーズン終了後の6月か7月にスタートしたかったのですが、別の病気の都合ではじめるのが遅れ、9月のスタートに。残念ながら来年の花粉には間に合わなくなりました。

バイクに再び乗り始めてから、花粉症を軽くしないとツーリングがとても難しいシーズンがあることを実感しており、少しでも症状が軽くなる事を信じて続けていこうと思っています。

舌下免疫療法が登場してから、根治の期待できるアレルゲン免疫療法が受けやすくなりました。すでに何年も治療をしている方も多いかとおもいますが、まだ知らない方のために、花粉症の辛さをこれからずっと軽減出来る可能性がある舌下免疫療法を紹介したいと思います。

舌下免疫療法って?

舌下免疫療法はアレルギーの原因物質を体内に少しずつ取り入れて、アレルギー反応を起こしにくい体にしていく治療法です。同様の効果が得られる以前の治療法は頻繁に医者に通う必要があったのですが、舌下から原因物質を取り入れる薬ができたことで患者の負担が少なくなり一般的な治療になりました。

治療期間は3〜5年ほど。毎日少しずつ原因物質を体内に取り込み体を慣らしていきます。治療期間は長いですが、効果の持続時間も長く、うまく行けば一生もの!アレルギー反応を起こしにくい体になるため、これからずっとアレルギー症状が軽くなる可能性があるのです。

 

こんな人におすすめの舌下免疫療法!

私はアレルギーのある花粉が飛んでいるシーズンにアウトドアで丸1日遊ぶと、翌日にはとてもひどい症状になり副鼻腔炎になってしまうため、特にスギ花粉シーズンは遊びを制限していました。バイクで山に行ったり自転車に乗って呼吸量が多くなったりするとアウトです。

同様に登山やハイキングが好きな方もスギ花粉の時期は辛いと思います。この時期だけでも症状が軽くなったら、外に遊びに行けるのにと思ったことはありませんか?

長期的な薬の服用が必要なので、症状が軽めな人は抗ヒスタミン薬やレーザーなどでの対処療法の方が良いかもしれませんが、外で遊びたいアウトドア好きには特におすすめの治療法だと思っています。

 

何のアレルギーに効果があるの?

2019年現在、スギ花粉アレルギーとダニ(ハウスダスト)アレルギーの舌下免疫療法があり、この2種類のアレルギーが軽くなる可能性があります。

1〜2割程度の人は根治、2割程度の人は効かない、それ以外の方は症状が軽くなるようで、7〜8割の人が効果を実感しているそうです。再発する場合はあるようですが、その時はまた1〜2年服用することで効果が得られるのも良いですね。

根治まで行かずとも花粉症が軽減していれば、花粉症の薬を併用することでさらに軽くすることは出来るので、症状の重い人はとても助かりますよね!

<舌下免疫療法の対象者>

●スギ花粉アレルギーの方(5歳以上〜)
●ダニアレルギーの方(5歳以上〜)
どちらも血液検査等での診断確定が必要です。持病の関係で治療を受けられない方もいます。
65歳以上は効果が薄くなるそうで、65歳までに限っている病院もありました

 

保険は効くの?通院の間隔は?

耳鼻科の先生から舌下免疫療法というものが出来たと教えてもらったときは、まだ保険対応ではありませんでした。その頃はまだ2週間に一回は通わないとダメだったこともあり、負担が大きく治療をパスしました。

しかし、2014年にスギ花粉アレルギーの舌下免疫療法が保険適応に、2015年にはダニ(ハウスダウダスト)アレルギーの舌下免疫療法も保険適応に!通院も月に1度で良くなり患者の負担がとても減りました。

実際の診察代とお薬代は、スギ花粉が月に2000〜2500円程度、ダニアレルギーが3000〜3500円程度のようです。私のスギ花粉の診察とお薬代もそのくらいでした。

 

 

舌下免疫療法のおすすめの開始時期

アナフィラキシーショックなどを引き起こす可能性がある舌下免疫療法は、原因物質が多くある時期には開始できません。つまりスギ花粉の時期にはスギ花粉アレルギーの舌下免疫療法はできないことになります。ダニアレルギーの方はいつでも開始OK。

スギ花粉アレルギーの治療の場合は、6月〜11月の間に開始できる出来る所が多いようです。微妙に病院ごとに違うようなので各病院に確認してください。

舌下免疫療法は効果が出るまで時間がかかるため、できれば6月や7月など早い時期からはじめた方が次の花粉シーズンで花粉症が軽減される可能性があるのでおすすめです。私は別の病気の都合で9月スタートになってしまい、来年の花粉シーズンには間に合わないと言われました。

 

スギ花粉とダニの舌下免疫療法を同時にやりたい場合

私の行っている耳鼻科で聞いてみたところ、片方の治療をはじめると初回は別の病院で受けてこなければいけないと言われました。初回受ける病院は紹介してもらえるそうで、そちらで治療を開始してからその後引き受けることはできると言われました。両方は受けないところもあるようなので、まずはどちらをはじめるか決めて病院で相談するのが良いと思います。

片方をはじめたら2〜3ヵ月は様子を見て、体が安定してからはじめた方が良いとのことなので、私の場合だと次のスギシーズンには始めたくありませんから、スギ花粉シーズンが終ることにダニアレルギーの治療をやるかどうか検討したいと思っています。

 

初回の治療:アレルギーがあるかどうかの診断

スギ花粉アレルギーやダニアレルギーを持っていないと舌下免疫療法は受けれませんので、初回は血液検査などでアレルギーの診断をします。すでに検査をしたことがあり診断確定している場合は、検査は省略されて薬の初回投与に進みます。

薬の初回投与:注意事項や副反応の確認。1時間以上の時間がかかります

禁止事項や注意の説明

私は血液検査は以前していたので診断確定はしていましたので、初回に薬の投与をしました。問診した後にDVDを見て重要事項をチェック。さらに注意事項の確認を対面で行いました。

<具体的な注意事項>

●薬の服用後の5分間のうがい・飲食の禁止。
●服用前後2時間は激しい運動や入浴は禁止。
重大な副作用には、生命にかかわるアナフィラキシーショックがあるため、副作用のことなども慎重に説明をされます。

通常はほどんど出ないショック症状ですが、服用後にジョギングをして出てしまったことがある人もいたとのことで、とにかく血流を良くしないほうが良いと説明されました。また、もしもショック症状が出てしまった場合は、躊躇せずに救急車を呼ぶことが大切とのことでした!

そんな怖くなるような説明でしたが、禁止事項を守っていれば比較的安全のようです。もちろん何かおかしな症状が出たらお医者さんに相談が必要です。

 

舌下錠の投与

薬が処方され薬局へ取りに行き、耳鼻科に戻り薬を服用しました。初めの1週間は薬の成分が弱いものを飲んでいきます。服用後は副反応が出ないかしばらく様子を見て再度先生のチェック。チェック後もしばらく待合室の受付前でで少し待機になりました。

何も起こらなければ、会計を済ませて薬の初回投与は終了です。1時間以上の時間がかかりました。初回投与は時間がかかるので、病院の終わる間際だと治療を受けれない場合があるので、早い時間に来てくれと言われていました。詳しくは病院に聞いたほうがいいですね。

 

以降の診察はあっと言う間です

1週間薬を服用したら、再度耳鼻科へ行くことになります。先生が口の中などを確認して問題なければ、薬は成分が濃い継続量の薬に変わり、1ヵ月の薬が処方されます。

先ほど書きましたが、前後二時間はアルコールや入浴、激しい運動などは禁止なので、自分の生活リズムを考えて飲む時間を決めます。私は夜は難しそうなので、出勤後に飲むことにしました。あとは忘れずに薬を服用していくだけです!

3〜5年の服用を長く感じる方も居ると思いますが、これからの人生で花粉症の症状が軽くなるのであればたいした時間ではない気もしますよね!花粉症の症状が軽くなったら、春が好きなシーズンになるかもしれません!

コメントを書く
  •  

  • BB

    すごい!アレルギー治療始めたのね。
    子どもの同級生でも始めた子がいます。
    しかし抗体検査の数値、すごいね。

    ひさびさにトリプーに来て
    その充実っぷりにもビックリです。
    アマゾンのアフィはもうやってないの?

  • トリプー

    久しぶりー。
    アレルギーの治療は、昔よりだいぶだいぶ負担が減ったから、やっとこ始めました。

    今はスギシーズンはアウトドア控えないと調子悪くなりすぎるんよ。見ての通りスギとダニが突出してるんで、この2つが軽くなればかなりラクになるよねぇ。

    アマゾンもやってるよ。買った商品使ったりしてるときはリンク貼ってるー。


  • ページのトップへ戻る