feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

in Alberta

PHOTO

同室だった大道芸人。

PHOTO

大道芸人の芸を見る子供。

宿の部屋は運のいいことに2人部屋なんだけど、同室の人は夜なかなか帰ってこないし、朝も早く出て行ってしまうんだ。エドモントンに着いてから、その人とずっと同室なんだけど、1日目はどんな人か分からないまま過ごしたの。2日目の朝に彼の着替える音で目が覚めたんだけど、ドハデな衣装を身にまとったおっさんが立っていたんだ。赤、オレンジ、黄色、黒、黄緑とかなんでもアリのピチピチパンツに同色の鈴のついた靴、それに帽子。首からぶらさげたアクセサリー数知れず、帽子にはスイミングのゴーグルとシュノーケルもくっついてた。他にも衣装を持っていて、牛の模様の服もあったな。今日は牛柄じゃないほうだったんだけど、そのおじさんは、路上でパフォーマンスしてお金を稼ぐ人だったんだ。

せっかく同室なんだから、ダウンタウンへ行く予定を変更して、そのおじさんの仕事ぶりを見に行たんだ。一緒についていったおかげで、そのおじさんの写真を撮ったりしなきゃいけなくなっちゃったんだけど、もちろん彼のカメラでね。なんとなく半日もこのおじさんを見ていたんだけど、当然子供も好きみたいだし、人が喜ぶ姿を見るのも好きみたいで、子供の前だとなかなか良い笑顔を見せるんだけど、人がいなくなった休憩中には、「みんな風船はタダなの?って聞いてくるんだ。慈善事業じゃないんだ。商売なんだ。クソ。」とか言うの。それに休憩中はあんまり良い顔しないんだよね。その感じが逆に良い人って印象を受けた。あんまりウソつけない人っていうか、、。こういう人にくっついて行く機会は初めてだから、面白かったね。

それから夜は、バンクーバーで会ったオージー女性とケベックのカナダ人男性と飲みに行ったんだ。5軒くらいハシゴをしたんだけど、やっぱりオージーは強くて、俺とケベックのデビッドは1時頃に「眠いよ。寝たいよ。」って連発してたのに、オージーは「あと2分待って?」とかいってビリヤード始めて結局宿に戻ったのは4時。お金も使いすぎたな。でも海外のパブへ外人と行くのは、楽しみと実践英語学校に行ってるようで好きではあるんだけどね。ちょっと体力の違いをみせつけられたよ。

エドモントンのユース(走行0km)

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る