feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

in Alberta

PHOTO

ドラムヘラーは平原の中にこんな風景が広がる。

PHOTO

フードゥー。

まずは約束の時間まで時間があるから、ゆっくりと朝ごはんを食べてバイクを整備したんだ。それからダイナソートレイルっていう道を一周する。この辺のあの不思議な地形は川の回りに広がっているから、侵食で崖というか渓谷になってこんな風になったんだね。それからフードゥーを観光そたんだ。それも侵食と風で不思議な景観をかもしだしてるんだ。バンフにもそういうのがあるんだけどさ、そっちは大きいからさ、そのくらいの大きさを想像していったら、以外にも小さくて「アレこれなの?」とは思ったけど不思議な景観さはこちらの方が上かな。その中を歩くと、まるで地球じゃないところみたいなんだ。それから今回初の文化的な場所、博物館へ。ここはすごかったな。恐竜の博物館なんだけどさ、かなりマニアックなの、っていうのは見世物っぽくない地味な展示が多かったんだ。英語が読めないからちょっと残念なんだけどさ、恐竜っていうか古代の生物に魅せられた人の気持ちが少し分かったよ。実演で化石を掘り出してるところとかもやってるんだけど、アレは好きじゃなきゃできないね。ここはまた来てもいいな。

そして約束の5時にスーパーへ行って彼と会う。買い出しとかに付き合った後、彼と彼の彼女と一緒にお宅へお邪魔したんだ。彼の言う通り狭い家だったな。どうやらここは1年位住んだら、旅に出たいらしいんだ。だから安い家に住んで、お金を貯めてるみたいね。1ヶ月400カナダドルで電気水道代込みで、家具から冷蔵庫までついてるんだ。部屋はキッチンと寝室とリビングだけなんだけど、日本の家賃に比べたらね、、。そしてアメリカからニュージーランドへ渡るっていってた。

Barryという彼は26歳なんだけど、手に職がないから大学に行って、アメリカで働きたいんだって。日本ほどじゃないけど、カナダのお金もカナダドル安だから、そうすれば良い給料がもらえるんだって。彼女のPAMは病院でリハビリ関係の仕事をしてるの。彼女は手に職系だから、アメリカでも働くことが出来るし、世界中で仕事を得易いって行ってた。

今日の晩御飯はピザだった。彼に「何が食べたい?」って聞かれてさ、「俺は何でも好きだからなんでもいいです。」って答えたら、「カナダの食事は好きか?」って聞かれたんだ。もちろん「ウン」って答えたんだけどさ、カナダの食事ってピンとこないんだよね。ピザとかなのかなって思ってたらピザだった。ちょっとこれはドンピシャすぎて苦笑しちゃったけど、ピザも好きだしいいんだけどカナダが独自の食べ物をあまり持っていないんだやっぱりって思っえて仕方ないね。

食事の後は、彼らの写真を見せてもらったりして、かなり楽しい日を送らせてもらったよ。この二人に非常に感謝してます。

East Couleeに住むカナダ人宅の裏庭(走行125km)

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る