feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

南房総の海を見たくて、館山・千倉・白浜方面へツーリングに行きました。海を見たくてと言っている割には、台風で被害にあった林道の様子も少し見てきたのでレポートしたいと思います。

高速道路で一気に館山へ!

アクアラインを通って高速で一気に館山まで下りました。館山が近づくと、すぐに椰子の木が歓迎してくれます。いたる所に椰子の木がある館山の南国らしい雰囲気で、気分がどんどん上がっていきます!

 

川辺で休憩

館山の町の手前で東へ向かいました。家から出発して休憩を取っていなかったので、朝ご飯のパンをかじりながら少し休憩を取りました。

 

林道・山倉線はなんとか通れました

まず林道山倉線へ行ってみました。倒木はありましたが、通れました。路面にはたくさんの木くずが落ちていますが、復旧作業はしているようです。

ダート区間は思ったよりも綺麗だったのが意外でした。

 

千倉の海を眺める

そのまま海へ行き少し休憩です。コーヒーをのみながら海を眺めていました。せっかく千倉へ来たので、クジラを食べたかったのですが、時間が早かったので先へ進みました。

 

林道・千倉線は普通に通れました

集落を結んでいて、林業以外の人も使っている舗装林道だからか、普通に通ることが出来ました。岩をくりぬいてある素掘り風トンネルも千葉らしくてなかなか良いですね。

この舗装林道は、真っ直ぐに伸びた木や、竹林もあるので、舗変化のある風景が楽しめました。

一番の見所はココの切り通しでしょうか。苔むした壁に岩にあいた穴が、古代遺跡のようで不思議な感じなのです。規模は小さいですが、おおおお〜と声でること間違いなしです!

 

竹で覆われているセンリョウ畑

千倉線を出たあたりの集落には、竹で覆われた畑がたくさんあります。これは、お正月などによく見かけるセンリョウという赤い実のなる木の畑なのです。日陰でないと葉っぱが焼けてしまうセンリョウだから、このような畑で育てているんですね。

 

林道・畑3号線は通れました

距離が極端に短くて行く必要もなかったのですが、通ったので入ってみました。前日の雨で滑りやすい路面でしたが、普通に通れました。

 

林道・畑2号線は倒木で抜けれません

安房グリーンラインから舗装林道の畑2号線の様子も見てきました。途中で倒木が道を塞いでいましたので、Uターン。路面には落石もあり、すぐに切れそうな木もそのままなので、復旧の優先順位は後の方なのかもしれません。

畑2号線は、白浜の海を見下ろしながら道を下っていく所が一番の見所だと思っています。なので、海側からも林道の様子も見てきました。入口の坂は木や岩が落ちていてとても荒れていました。

坂の途中には岩がかなり落ちていて、道を塞いでいて通れません。

ここは、何度か自転車でも通っている道なのですが、通常ではこんな道なんです。海を見ながら下りるこの坂が好きなので、早く復旧してほしいですね。

 

白浜で休憩

白浜の町へ下りてきて休憩です。またもや海を見ながらコーヒータイム。

こういう波を見ていると、時間忘れますね!

 

花音で食べたサバのサンガ焼き

海から山方面への道沿いで気になるご飯屋さんを発見。お昼をすぎていたので、「花音」というお店ランチを取ることにしました。

4つのランチメニューからサンガ焼きを選んで注文。このサンガ焼き、アジではなくサバで作ってあるそうです。サバのサンガ焼きは3つものっていて、ボリュームたっぷり!もなかなか美味しく、サバが釣れたら自分でも作ってみたいなと思いました。

店内はちょっとレトロな雰囲気でとても落ち着く雰囲気でした。シャンデリもありました。カウンターや窓際の席も雰囲気は良かったです。

古民家カフェ「花音」さんの記事も書きましたので、こちらも是非ご覧ください。

 

林道・南条線は通れませんでした

とにかく葉っぱや枝が落ちているので、舗装路ではないような雰囲気でした。

木の枝は切られて通れるようにしてあるところが多く、現在進行形で作業しているような雰囲気はありましたが、倒木で行き止まりでした。

 

林道・小松線

小松線はけっこうひどい状態でした。道の向こうの法面から崩れているようで、これを撤去していくのは大変そうですね。

 

海沿いでもまだ台風の爪痕が残っている所も多く、町中の家でも工事をしているところもまだありました。まだまだ通れない道も多いので、早く完全復旧できることいいですね。

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る