feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

ディスクローターの取り外しで、フロントのボルトを全部なめました。どうやっても外れないボルトは、結局ボルトの頭を全部削って外しました。その作業の様子を書きたいと思います!

ヒートガンで熱して、インパクトで回すが、回らないボルト

定番の方法通り、ヒートガンで熱し、ラスペネもして、エアーインパクトドライバーで一気に回しますが、ボルトはビクともしません。別のボルトを試しますが、それも全く回りません!順番に試してみますが、全てのボルトが回りません!

 

勝負で回して、ボルトをなめまくる

絶対にボルトをなめてしまいそうな感じでしたが、回ればラッキーとばかりに、なめるまでインパクトし続けてみました!しかし、どのボルトも回りません。

最終的に全てのボルトをなめてしまいましたが、結局どれも回りませんでした・・・。もうディスクローターがゆがんでるとしか思えませんね。

 

タガネや貫通ドライバーで叩いてみても、当然まわりません

エアーインパクトドライバーでもボルトは回らなかったので、どうやっても難しいと思いましたが、タガネで叩くなどして回す方法も試してみました。予想はしてましたが、ボルトは回らずに金属が切れていくだけ・・・。

 

ダメもとで、ボルトに溝をいれて回しますが、まわりません

ボルトを十字に切って、マイナスのビットを使いやってみました。当然、回らないです。ボルトの頭を落とすのは素人的には勇気がいるので、なんと回して取れればと思いやっていましたが、あきらめました。

 

ボルトの頭を落として、ローターを外す

全部回らなかった時点で、ローター自体がおかしいのでは?と思っていたので、とにかくディスクローター外す方針に変更で、全部のボルトを10mmくらいの太めのドリルで削りました。もう後戻りはできません。

私はドリルで削りましたが、グラインダーでも削れると思います。どちらにしとディスクプレートを傷つけないように作業したいですが、ダメにするのは覚悟です。

ボルトの頭を落としディスクローターを外しますが、ディスクローターを後ろから強く叩いてあげないと外れませんでした。やっぱり歪んでいたみたいですね。

 

ツイストソケットで頭のないボルトを外す

ボルトは、ディスクローターの厚み分の出っ張りが残っているので、なめたボルトやナットを外す工具、「ツイストソケット」を使うことにしました。

ボルトに合わせてみると、10mmでいけそうです。

 

ヒートガンで熱して、インパクトでまわすとあっけなく外れました

念のため、再度ボルトをヒートガンで熱し、回しやすくした上で、
頭のないボルトにツイストソケットをのせ、トンカチで叩き込み、エアツールで回します。

ボルトはあっけなく取れました。

同様に2本目から9本目まで回しますが、どれもスムーズに取れました。ボルトに錆びはありましたが、やっぱりブレーキローターが悪かったんでしょうねぇ。もしボルトが折れたら、プロにお願いするしかなくなるので外れてよかったです。

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る
// RWGPS埋め込み表示用