feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

KLR650の樹脂製スキッドプレートを、アルミ製スキッドプレートに交換しました。劣化した樹脂性スキッドプレートからアルミ製になりました。

 

樹脂製の穴が多いものから、丈夫なアルミ製のものに

KLR650のノーマルスキッドプレートは樹脂製です。樹脂といってもかなり固いので、跳ね上げた石が少しあたるくらいは問題ありませんでしたが、穴が多いので、けっこう石があたってるんだろうなぁと気になってました。

今までは、純正でも問題なく林道を走っていましたが、KLR650購入当時からアルミの丈夫なものにしたかった部分です。なので・・海外から買うものがあるついでに、スキッドプレートもポチッ!送料考えれば一緒に買った方がお得ですからね!

 

SWモテックのスキッドプレートを装着

SWモテックのクラッシュガードを装着しているので、バッチリ装着できる同じメーカーのSWモテック製のスキッドプレートにしました。他のものとまとめて買えそうなサイトだと、ブラックしか選択肢がなかったのでブラックに。

フレームにコの字のパーツをつけますが、クラッシュバー付けたときのサイズになっているので、きれいに取り付けられました。ちなみにバーがない場合は、同梱のカラーをはさんで対応するようです。

樹脂のものもそれなりに強度はあると思うので、強度がどのくらい増したかは不明ですが、前方に穴が少ないので、タイヤから飛んでくる石のヒットは前より防げそうです。林道に行ったら石はけっこう当たりるので、少しでも安心できるものがいいですね!

装着日:2018/7/8

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る