feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

サビなどで音が出にくくなっていた古いホーンを交換しました。古いホーンはしばらく使っていないと「フ フ  フ フィー」という感じに、最初はかすれたような音しか鳴らなくなってしまいしました。

使う頻度が少ないホーンですが、使いたい時にすぐに大きな音を出してくれないと意味はありませんので、新しいホーンに交換していきたいと思います。

HELLAヘラーのバイク用ホーンを取り寄せ

純正ホーンの音質に不満はありませんでしたが、純正ホーンはすでに欠品でした。信頼性がそこそこあれば何でもよかったので、ドイツHELLAヘラー社製のバイク用ホーンを選びました。

HELLAヘラー社自体は良く知らなかったのですが、ヨーロッパメーカーで純正採用もされていたり、海外のオートバックス的な店舗でも売っているようなので、信頼性はまぁまぁ高そうです。レビューによるとホーンの音質もシングルホーンにしてはなかなかの音色のようでした。

 

古い純正ホーンを取り外す

必要な部分の外装を外しました。古いホーンは錆もあり傷んでいました。

ホーンはこのように装着されていました。古いステーは使えなそうもないので取り外しました。

 

車体にHELLAヘラーのホーンを取り付ける

影であまりよく見えませんが、ボルト穴は2つ空いています。

穴の位置が二つピッタリと合うわけもないので、1つの穴を利用して取り付け、余ってしまった取付穴にもボルトを入れ、ホーンのステーを抑えるようにしました。しかし動いたら緩んできそうなので、ホーンのもう一つの穴はタイラップで止めておきました。

配線は、グリップヒーター回線をかましたのでわかりにくくなっていますが、純正の配線をそのまま差し込めば大丈夫です。

装着してホーンスイッチを押したら、問題なくホーンは鳴りました。シングルホーンなので普通のピーという音ですが、安っぽい感じの音でもなく音量・音質ともに不満はありませんでした。

ホーンスイッチを押したらキチンと大きな音量で鳴るホーン、当たり前ですが安全のためには必要ですよね!

<バイクのパーツは品揃え豊富なウェビックで!>
ウェビック 楽天市場店
コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る