feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

XR100についているキックペダルの交換をしました。何度キックしたか分からない古いキックペダルは、ストッパー部分のアルミが削れてガタがかなり出ていました。

キックペダルの交換時期

もともと何度も蹴るのが前提になっているキックペダルは、不具合が起きたら交換すればいいものです。具体的には、削れた、折れた、曲がったなどです。

私の場合はまだ使えていましたが、ペダルのストッパー部分がすり減ってガタがかなり大きくなっていました。このまま使い続けるとツーリング中に使えなくなる恐れもあるので交換することにしました。

ストッパー部分が削れて斜めに噛み合うので、ガタが多くなっていました。キックすると面がズレて噛み合うので、これから削れていくスピードは早まりそうです。さらに削れるとストッパーが役立たなくなり、キックできないくなる可能性があります。

 

キックペダルを交換

新しいキックペダルを注文しました。見た目は大差ないですが、新しいものは黒く塗装されていました。

ストッパーが削れてガタが出ていたキックペダルを取り外します。上から見るとこんなに曲がってしまっています。蹴り心地も悪く、ガキッっとなることもありました。

キックペダルはボルト一つでとめてあるので、あっと言う間に交換完了です。

ストッパーがちゃんと機能しているので、車体から垂直の位置でペダルがとまります。ガタが少ないので、とてもいい蹴り心地です。なにより、ツーリング中にキックが使えなくなる心配がなくなったので安心感が大きいですね!

 

<バイクのパーツは品揃え豊富なウェビックで!>
ウェビック 楽天市場店
コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る