feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

長野県林道マップ

走行した林道を書き込んでいきます。クリックするとURLが表示され、走行した林道の詳細ページを見ることができます。
ダート/半ダート 舗装路 ■制作中

→他の県の林道マップはこちら

 

長野【川上牧丘林道】のルート地図


地図の表示形式は右上のメニューから選べます。RIDE With GpsのページからGPSデータをダウンロードできます。

 

標高2,360mの峠越えを楽しめる川上牧丘林道

林道・川上牧丘線は、長野県川上村から山梨県山梨市(旧牧丘町)までをつなぐ全長32.7kmの道です。長野県川上村から大弛峠までは、川上村営でゴロゴロした石が多い砂利道になっています。大弛峠から牧丘までは山梨県営できれいな舗装路区間です。

オフ車乗りの言う川上牧丘林道は、川上村から大弛峠までの砂利道区間を指しています。道は石がゴロゴロしていますが、山を越えて甲府へ抜けることが出来るので、中津川林道とセットで走ることも多いです。山梨県側の舗装区間は別に機械に紹介したいと思います。

大弛峠は、自動車が通行できる峠としては日本最高所で2360mの標高があります。標高の高い所を通るので、標高の低い林道と違った雰囲気を楽しむことが出来ます。

走行日:2019/7/20

 

動画で見る、川上牧丘林道

前半は爽やかなフラット林道ですが、後半はゴロゴロとした石が路面に多くハンドルがとられやすい林道です。整備はしっかりとされている林道なので荒れている林道というわけではないのですが、このゴロゴロ石の道が長く続き、ハンドルが取られやすい路面が続きます。路面の状態は動画で見て頂ければとおもいます。

 

写真で見る、川上牧丘林道

川上村から廻り目平キャンプ場方面に向かい、下の写真の交差点を左に曲がると林道が始まります。

林道入口付近です。すでに白樺もあり高原の雰囲気満点です。

すぐに道は砂利道に変わります。

すでに標高もあるので、普段行く林道とは違った木々が目を楽しませてくれますね。

植林された木はまだ若いので、向こう側の山が良くみえて気持ちいいです。

標高が上がってくると、ごろごろした石が出てきます。荒れているというより、整備はよくされているが、ゴロゴロした石なので走りにくいと言った感じでしょうか。

峠までゴロゴロしている石の区間をそこそこ長く走らなければいけません。昔からこんな路面でしたね。走って記憶が蘇りました。

だいぶ標高が上がってきたのでもうすぐ峠に到着です。

峠に着くと砂利道区間の林道は終了し、立派な駐車場がお出迎え。山梨側の舗装路から大弛峠へクルマで来て、登山を楽しむ方がたくさんいます。

山梨側に少し下った所です。爽やかの景色を楽しみながら道を下っていくことが出来ます。山梨側はまた別の機会に紹介したいと思います。

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る