feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

東京都林道マップ

2017年にバイクリターンした後の林道走行記録です。GOOGLE MAPの林道の線をクリックするとURLが表示され、林道の詳細ページを見ることができます。
ダート/半ダート 舗装路 ■制作中

→他の県の林道マップはこちら

 

※林道の通行状況や路面状況は変わりやすく走れるとは限りません。走行可否の判断は自己責任でお願いします。また林道を走る際は安全運転を心掛けてください。

 

東京【林道・なちゃぎり線】のルート地図

東京都の青梅市町にある林道・なちゃぎり線のルート地図をご紹介したいと思います。都道202号線(上成木川井線)・青梅市成木から高水山不動尊(高水山常福院龍學寺)へと続いています。


東京【林道・なちゃぎり線】のルート地図

▲地図をクリックすると動かせるようになります。
地図の表示形式は右上のメニューから選べます。右上のロゴをクリックしてRIDE With Gpsのページへ行くと、GPSデータをダウンロードすることもできます。

頂上でお寺の参拝が出来る、林道・なちゃぎり線

都道202号線(上成木川井線)青梅市成木から高水山不動尊(高水山常福院龍學寺)へと続く林道・なちゃぎり線は、舗装路と砂利道が交互に出てきます。お寺への参道にもなっており、お寺の方達も使う道なので、路面はフラットです。

大パノラマはありませんが、標高が上がっていくと木の間かチラチラと景色を感じることができます。林道風景としてはあまり代わり映えはしませんが、終点に高水山不動尊というお寺があり、お寺の見学が出来るのでツーリング派の満足度はとても高い林道かなと思います。それから名前がとても印象的です!

走行日:2020/9/21

 

動画で見る、林道・なちゃぎり線

路面の様子や林道ゲート、お寺までを簡単に紹介しています。林道・なちゃぎり線の様子は分かりやすいと思いますので、是非ご覧ください。

 

写真で見る、林道・なちゃぎり線

都道202号線(上成木川井線)を曲がります。

東京 林道・なちゃぎり線

曲がるとすぐに林道・なちゃぎり線の看板がありました。

東京 林道・なちゃぎり線

少し進むとゲートが出てきます。

東京 林道・なちゃぎり線

ゲートの看板を見ると、参拝の方はあけて入山してOKとのこと。雨天・夜間は入らない方が良さそうです。

東京 林道・なちゃぎり線

ゲートを入ってしばらくは舗装路です。舗装路といっても林道の舗装なので、それほど道がいいわけではありません。

東京 林道・なちゃぎり線

少し行くと林の雰囲気が変わりました。

東京 林道・なちゃぎり線

しばらく舗装路面を走ると、ダートへと変わりました。

東京 林道・なちゃぎり線

路面が変わった付近が少し開けていたので、なかなかいい雰囲気でした。

 

東京 林道・なちゃぎり線

しばらくダートを走ると、また舗装路面に変わりました。そしてどんどん標高を上げていきます。

東京 林道・なちゃぎり線

標高をあげていくとチラチラと風景が見えるようになってきました。

東京 林道・なちゃぎり線

林道では展望台的な所はありませんが、木の間から少し景色を楽しむことは出来ます。

東京 林道・なちゃぎり線

そしてまたダートへと変わります。

東京 林道・なちゃぎり線

この林道は徒歩の参拝客やハイカーもいるので、走行には注意してください。

東京 林道・なちゃぎり線

舗装とダートが交互に出てくる林道・なちゃぎり線ですが、ダート区間が案外多いのは嬉しいですね。

東京 林道・なちゃぎり線

道の脇から山々が見れる所もありました。大パノラマではありませんが、ビューポイントを見つけると嬉しくなります。

東京 林道・なちゃぎり線

終盤は舗装路になりました。あと一息です。

東京 林道・なちゃぎり線

そして駐車場に到着。奥のゲートはお寺へ続いており、お寺の方が私道として使っているようです。

東京 林道・なちゃぎり線

お寺へ行ってみましょう。10分歩くと書いてありますが、5分ほどで行けるかなと思います。

高水山不動尊(高水山常福院龍學寺)

見事なモミジを山門がお出迎えしてくれました。

高水山不動尊(高水山常福院龍學寺)

建物はいくつかありますが、こちらが本堂です。

高水山不動尊(高水山常福院龍學寺)

木で作られた刀が置かれており、なかなか面白かったです。

高水山不動尊(高水山常福院龍學寺)

 

林道の風景は一般的な林道で変わった所もありませんが、ダート区間も比較的多く、最後にお寺も参拝出来も楽しめるのが林道・なちゃぎり線でした。

<知らない林道が見つかるかも知れない。>
林道の本をアマゾンで検索
コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る