feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

群馬県林道マップ

2017年にバイクリターンした後の林道走行記録です。GOOGLE MAPの林道の線をクリックするとURLが表示され、林道の詳細ページを見ることができます。
ダート/半ダート 舗装路 ■制作中

→他の県の林道マップはこちら

 

※林道の通行状況や路面状況は変わりやすく走れるとは限りません。走行可否の判断は自己責任でお願いします。また林道を走る際は安全運転を心掛けてください。

 

群馬【林道・栢ヶ舞線】のルート地図

林道 栢ヶ舞線は群馬県の神流湖の近くにあり、国道462号線と平行して走っている林道です。主要国道に近いからか雰囲気は今一歩ですが、御荷鉾スーパー林道の舗装区間へダートを使ってアクセス出来るのが良い所です。

R462と平行しているので時間のロス少なく、御荷鉾スーパー林道に入る前に足慣らしとして使える林道です。林道が通っている所は下の地図にて見てくださいい。



▲地図をクリックすると動かせるようになります。
地図の表示形式は右上のメニューから選べます。右上のロゴをクリックしてRIDE With Gpsのページへ行くと、GPSデータをダウンロードすることもできます。

国道462に平行している「林道 栢ヶ舞線」

神流湖のすぐ東側の国道462号線から林道が分岐し、国道462号線と平行して走るのが林道 栢ヶ舞線です。林道 栢ヶ舞線を走り、そのまま道なりに進むと御荷鉾スーパー林道の舗装路区間へと続きます。

山の入口付近を横に移動するため雰囲気は今ひとつな印象を受けますが、御荷鉾スーパー林道に行く前に使いやすい場所にあるのが良い所です。

走行日:2019年3月/2019年10月

 

動画で見る「林道 栢ヶ舞線」

神流湖に寄ってから行ったので、国道462号線を西側から走って来て左折して林道 根際線へと入りました。舗装路もしばらく続きますが、ダート区間になってからの美しい杉林の中を走る道を是非ご覧ください。

 

写真で見る「林道 栢ヶ舞線」

国道462号線沿いにあるが林道 栢ヶ舞線の入口です。

林道 栢ヶ舞線の入口

林道は国道462号線と平行して走っていますが、最初の舗装路はつづら折りで標高を上げていきます。

林道 栢ヶ舞線の舗装路区間

少し舗装路で標高を上げるとソーラーパネルがありました。

林道 栢ヶ舞線脇のソーラー施設

ソーラー施設を過ぎたところで三叉路がありますが、ここに一部で人気のトタンの看板があります。

林道 栢ヶ舞線 ミカボのトタン看板がある場所

トタンの案内看板です。ミカボスーパー林道は左なので三叉路は左へと進みます。

林道 栢ヶ舞線 ミカボのトタン看板

このトタン看板のあるところから林道 栢ヶ舞線のダート区間がはじまります。

林道 栢ヶ舞線 ダート区間の入口

ここからは国道462号線に平行して横へ移動していく感じです。

林道 栢ヶ舞線 ダート区間

国道も近く、人が使う施設も多いので、林道 栢ヶ舞線はあまり雰囲気がいいとはいえない気がします。

林道 栢ヶ舞線 ダート区間

それでも時々良い景色を見せてくれるのですけどね。ここは竹と木漏れ日がとても綺麗でした。

林道 栢ヶ舞線 ダート区間

途中にある分岐は右へ進みます。

林道 栢ヶ舞線 ダート区間の分岐

右へ進むとダートが続き森の中を走りますが、山奥感は感じない林道ですね。

林道 栢ヶ舞線 ダート区間

路面は概ね良いですが、最後の方で少し下る部分があり、そこはたまに雨が降ると土がながされ荒れ気味になります。

林道 栢ヶ舞線 ダート区間

ここが下りの箇所です。荒れ気味といっても、ビッグオフでも普通に下りていけるので、悪い路面まではいきません。

林道 栢ヶ舞線 ダート区間

右へUターンすると、林道根際線です。この時はコーンが建てられているましたが、2021年6月は普通に通ることが出来ました。

林道 栢ヶ舞線 ダート区間

さきほどの分岐を道なりに進みます。

林道 栢ヶ舞線 ダート区間

舗装路になりました。

おにし青少年野外センターの前

少し進むと御荷鉾スーパー林道の舗装路区間に合流します。左は国道462号線へ、右は御荷鉾スーパー林道を奥へと進みます。

栢ヶ舞線と御荷鉾スーパー林道の分岐

山奥感もなく雰囲気がそれほど良い林道というわけではありませんが、国道462号線に平行しているため、時間のロスが少なくダートで足慣らしをして御荷鉾スーパー林道へ向かえるのが良いところです。

<知らない林道が見つかるかも知れない。>

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る