好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

20180108-_D3_1089

Sirrus A1を子供用にする作業も残り二つです。

●ステムを交換して、ハンドル位置を丁度いい感じにする。(奥さんがのる場合もあったのでハンドルがかなり近めでした)
●旅行用に装着していたリアキャリアやハンドルにつけていたパーツを外し、カゴをつける。(聞いたらカゴは必要とのことでした)

カゴからやっていきましょうかねぇ。

 

Vブレーキ部分にカゴを取り付ける

先日まで使っていたESCAPE R3につけていたカゴを取り外して台座を装着します。
使っていたカゴは、台座にワンタッチでカゴを取付けられるもの。

カゴを外し台座だけにしてシンプルに乗ったりすることもできます。
自分が借りて乗るときはカゴははずして乗るとか。
その他のメリットは、ブレーキのワイヤー交換がしやすいくらいでしょうかw

カゴが外れてしまうことなどは今のところないので便利に使ってます。

取付はブレーキの付け根2カ所と、フロントフォークの上部1カ所の計3カ所をネジ止めするだけです。

台座を取り付ける前に、ブレーキ本体の見た目がかなりひどかったので、外して別のものに替えました^^;
また、ワイヤーもむき出しの部分の錆びがひどかったので、新しいものに交換しました。

そして台座を取り付け。

 20180108-_D3_1082

台座が取り付け出来れば、その上にとりつけるカゴを簡単に脱着できます。

20180108-_D3_1085

 

ステムを交換して、ハンドルにベルとライトをつける

ハンドルがかなり近く、高い位置にくるようなステムがついていました。
ほぼ息子は私と同じ身長になってしまっているので、ポジションがあいそうなステムをさがします。

GIOSのステムが丁度良さそうなのでそれを装着。

アップライトになるように上向きに取り付けてみましたが、
乗ってみるとハンドルが高すぎる気がしたので、普通に取り付け直しました。
あとはベルとライトを取り付け。

20180108-_D3_1069

ハンドルを低めにしたから、カゴとブレーキレバーの距離が近くなっちゃったけど、
乗ってみるとまったく気にならないので、いったんこの状態で乗ってもらいます。
気になるようならハンドルを少しあげれば良いかなと。

 

前回までの作業

●ボロボロのサドルをソフトサドルに

●子供が乗るクロスバイクにサークル錠を装着

コメントを書く

*

コメントはありません

FEED

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss