好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

家族用にMac Mini Late 2006という古い機種を使っています。
CoreDuo機ですが、ソフト一つ立ち上げて作業するくらいなら、ストレスは感じないので、
今でも使い続けています^^;

そのMAC MINIのOSをLionにしたくなりました。
iCloudが使いたいのです。

このMACのOSをLionにするには、CPUの交換が必要です。

また、メモリも裏技でも3Gという制限があるので、
いろいと改造をするくらいなら、新しいMacMini買った方がいいような気はしますが、
T7200(2GhzのCore2Duo)だと2500円もあれば買える!

とりあえずいっとく?ってことで交換することにしました〜。

まず箱を開け、基盤を取り出します。

バラしてヒートシンクをおさえてるピンを抜こうとすると・・・折れました(汗)

どこかに「ツメが折れやすいので注意。折れると替えの部品は手にはいりにくい。」
と書いてあったので注意してたけど、割れました(笑)

まぁ仕方がない。2本目は注意して・・・折れました(汗)
次こそは、慎重に・・・・折れました(笑)
結局4本全て折れてしまいました^^;

古くてプラが劣化してたからでしょう^^;

折れてしまった物は仕方がないので、CPUをとにかく交換。

そして、CPUの上に乗せるヒートシンクを押さえるを物色しました。

ネジでもとめれそうでしたがショートが怖いので、タイラップでとめました。
まったく問題なさそうでホッ^^

 

あとは組み立てて完了。問題なく動作しました。

後日、MAC OSのライオン入れたんですが、
動作がワンテンポ遅れて不快なので、スノーレパードに戻しました^^;

あまりやる意味なかった^^;

コメントを書く

*

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません