feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

in Alaska

PHOTO

北極圏への道。

PHOTO

北極圏へ。

今日は走った走っただったよ。あんまりのんびりしてるとさ、カナダでもう寒くなっちゃうから、なんとかプルドーベイっていう道路を使っていける最北の地へ2日で到着しようと思ってさ、砂利道なのに今回の旅の中で一番走った日になっちゃった。その分もちろん朝早くは出ているんだけどさ。宿泊地についたらもう夜の9時だったんだ。日本で俺の乗っているバイクKLR650でホリデーを楽しんでるイギリス人と同じ距離を今日走っているんだからそりゃ疲れるよね。

イギリスのおっさんライダーは2週間の休みでレンタバイクでツーリングしてるんだって。時間がないから彼らはこの道の終点である石油の採油場にはいかないで途中で引き返してカナダに向かうって言ってたよ。そうそうこの道ってさ、石油のパイプラインが道の脇とか少し離れたところを通っているんだ。石油をガンガン流しているパイプだからどんなに太いのかと思ったらそうでもないんだよね。このパイプラインを作るのはすごく大変なことだったらしいんだけどさ、例えば石油が冬に凍らずに運べなきゃいけないとか、パイプ自体も極寒に耐えなきゃいけないとか、とにかくいろいろ。俺もよく作ったと思うよ。今は夏でごく普通の景色に写るんだけどさ、冬を想像するとね。でもこのパイプラインは景色の一部というか観光名所にもなってるんだけど、道路からパイプラインが見えるから、すごく雄大なロケーションのなかの工場にいるような感じを受けるな。家とかだとさ、景色の一部として絵になるんだけど、パイプラインはやっぱり工場ってイメージがあるから、自然との調和はやっぱりとれてない気がする。でもこんなもんもないと今どきの人間は生活出来ないんだから仕方ないけど、やっぱりなんか不自然だなぁ。

そうそう俺はもう北極圏にいるんだ。なんかピンとかないでしょ。俺もなんだよ。北極圏に入るには看板を通るだけで、景色も今までとそんなに変わらないしさ、もちろんツンドラ地帯とかはちょっと不思議な感じを受けるんだけど、天候もそんなに寒くなってこないしね。まあ明日、山脈を越えれば、そこからは山岳路じゃなくて平坦で地面 が湿ったりしてるツンドラ地帯になるから、そこからが北極圏本番なのかな。

Coldfootの近くのキャンプ場(走行441.1km)

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る