好きなジャンルだけを見るには
ココのメニューをクリック→

in Wyoming

PHOTO

プレーリードッグ。

PHOTO

デビルスタワー。

未知との遭遇を見なければ。デビルスタワーの公園に入るとまずプレーリードックの歓迎にあったんだ。ここはプレーリードックがそこらじゅうにいるの。プレーリードックはリスを太らせた感じの動物で穴を掘ってそこで生活してるんだ。昼間は穴から出てきてパクパクと餌を食べてるの。観光客慣れしてるのかな、結構近づいても逃げもせず、穴にも隠れずパクついてたよ。もちろん自然の生き物だから人間が餌を与えるなんて事はしてはいけなくて、公園入り口ではレンジャーにそのことを注意されてから入ったんだけどね。餌をあげても、さすがに日本の猿とか熊のように人を襲うような動物じゃないけどさ、やっぱりアメリカの公園は徹底しているなぁって思ったよ。きっと日本だったらプレーリードック目当てのプレーリードック煎餅なんかお土産屋で売ってて、みんな「カワイー。」とか言って餌を与えるんだろうけど、こっちの公園を見てるとなんだか餌付けって事を考えちゃうね。日本の場合そうしないと生きていけないくらい動物は追いやられてるんだろうけど、アメリカの自然の大きさをこういう所でも見せつけられたね。

デビルスタワーはなんとなく恐い感じだったんだ。っていうのは昨日の夜10時頃から突然タワーの方からかなりの突風が吹いてさ、それも木々が揺れるのがデビルスタワーからすそ野へ目掛けて一直線に、それも今回は北方向へ今回は北東方向へって何度も何度もデビルスタワーから風が吹き降ろしてくるんだよ。風がハズレたときは遠くでザワザワって言ってるだけなんだけど、テント直撃の時は吹き飛ばされるんじゃないかってくらいなんだ。「本当にデビルが居るんじゃないのか?毎晩こんななのかな?それでこんな名前がついたのかな?」なんて夜はすっかり眠れなくなるし、散々だったからね。でも昼間のタワーは穏やかで、ロッククライミングを楽しむ人がたくさん挑戦していた。俺もおばさんに「あなたも登るの?」なんて冗談まで言われるくらいにね。

コメントを書く

*

コメントはありません

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss