好きなジャンルだけを見るには
ココのメニューをクリック→

12月25日

日本へ帰ってから事前に日通に電話していましたが、
その受け取りは24日以降に出来るといわれました。
アメリカで出会った人が受け取りを見たいというので、一緒に横浜へ行くことになりました。
事前の電話では、バイクは木箱ごと持ち帰らなければならないと言うことなので、
軽トラックで行きました。

まずは横浜の日通で、今日引き取りたい事をつげ、
受け取りに必要なもの(デリバリーオーダー)をもらいました。
デリバリーオーダーとは通関のあとに受け取りに必要な書類です。
日通の人がいってましたが、本当は自分で倉庫へ電話して、
今日出したい事を告げなければいけないそうです。でもやってもらってしまった。

それから日通で場所を聞いて税関へ。
税関は町中のではなく、本牧埠頭にある出張所へ行きました。
そこではカルネの引き取りの場合は、面 倒な書類は一切書く必要はなく、カルネを渡すだけ。
むこうでカルネにサインを書いてもらって、受け取りが出来る状態に。
でもカルネにはもう一つ所在地証明を貰わなければいけなかったので、
証明のための印紙400円を買って、カルネの最終ページに証明をもらいました。
以上で手続きは終わりです。

そしてカルネと他の書類を持って倉庫へ。
まずは事務所で受け取りたい事を話して、書類のチェック。
そして、向こうが出してくれた書類を持って担当のフォークリフトの運転手のところへ。
フォークの運転手はバイクを軽トラに積んでくれ、以上で受け取り終了です。
家に帰って木箱を壊し、バイクを取り出せば無事旅の終了です。

PHOTO

本牧税関

PHOTO

受け取ったところ

PHOTO

バイクも帰宅しました

コメントを書く

*

コメントはありません

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss