好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

先日外しておいたキャリパーを加工して、
買ってあったEagle Mileのキャリパーサポートに装着出来るようにしました。
そして、キャリパーの清掃をした後、バイクに装着。
KLR650A型の純正1PODキャリパーからKLR650C型の2PODキャリパーに戻ります!

→過去記事 その1:部品をゲット

 

キャリパーホルダーの穴の溝を削る

Eagle Mikeのキャリパーサポートは、まっすぐな板でサポート側にネジの溝が切ってあります。
キャリパーホルダーがサポートの手前に来る設計です。

そのため、キャリパーホルダーのネジ山は必要なく、削り落とさなければなりません。
キャリパーサポートの製作がとてもカンタンになる合理的発想は、さすがアメリカの製品。
ユーザー側は手間ですが・・。

取り付けは10mmネジなので、10mmのドリルを使ってミゾを削りました。

 

キャリパーのピストンを外す

穴が空け終わったら、キャリパーを清掃します。
すでにピストンは外してありましたが、エアーでこんな感じに外しました。
固着していたので、片側のピストンに適当なモノをかませて途中で動かないようにし、
もう片側を押し出していきました。

エアーでやると、勢いよく飛び出しす場合があって危険なので、
一定以上ピストンが出ないようにして、最期は注意しながら、2つのピストンを外しました。

 

キャリパーを清掃

キャリパー内部もだいぶカスがたまっていて、あまりキレイではありませんでした。
ピストンの汚れと、キャリパー内の汚れは、パーツクリーナーで清掃。
キャリパーホルダーについているピンも清掃してグリスアップです。

 

 

キャリパーの組み付け

新しく買ったシール類を、フルードを塗ってミゾにはめ込んでいきます。
内部以外はあまりキレイになっていないのはご愛敬です。どうせまたよごれるしw

ダストシールが袋状のタイプでないので、ピストンを普通に差し込んでいけばOK。
カンタンでいいですね。

 

キャリパーをバイク本体に取り付け

キャリパーホルダーに突起があるので、
キャリパーサポートに同梱されていたワッシャで段差をなくて、
キャリパーサポートに取り付けます。

ブレーキキャリパーの取り付け用に、
10mmのネジが同梱されていましたが、錆びそうな黒いネジだったので、
ワンオフのサポートで使っていたステンレスのネジを使うことにしました。
長さが違うので、カラーをかませました。

キャリパーサポートをブレーキ本体をフロントフォークに取り付け、
ブレーキホースをつなぎ、ブレーキフルードを入れてエア抜きすれば出来上がり。
ちょっと効きそうな感じになりました!

ちなみに元はこんなですからねぇ。

 

2POD+320mmローター試走

この後、試走に行きましたが、かなり効くようになりました。

以前はローターが310mm鋳鉄製で、今回はローターが320mmステンレス製ですが、
鋳鉄の握れば握るほど効いてフォークが沈みまくっていく恐ろしさはありませんでした。
山へ行ってみたらどうか分かりませんが、町中での印象は程よく効く感じでGoodです。

また、ウェーブローターとの相性も、1PODキャリパーの短いパッドより良さそうで、
低速で握っている時の気持ち悪い感じがだいぶ払拭されました。

<記事一覧>

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません