feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

水道の蛇口(水栓)のパッキンがダメになりました。メーカーが不明だったのでバラしてみたところ、パッキンだけを交換することができそうもないので、TOTOと同じ構造のパッキンとハンドルを買ってきて蛇口(水栓)上部のパーツをまるごと交換しました。今回はその作業の様子を書きたいと思います!

ゴンゴンゴンゴンというウォーターハンマーっぽい音が発生

水道の蛇口を開けるときや閉める時にゴンゴンゴンゴンという連続音が鳴るようになったと連絡があり、蛇口(水栓)を見に行きました。やってみると、水を出すときや止めるときにゴンゴンゴンゴンともダダダダダダンとも言えるような音が発生していました。

とりあえずパッキンを変えてみようと思いましたが、水道の蛇口(水栓)のメーカーがよく分からなかったため、いったんバラしてみることにしました。

 

元栓のハンドル部分が固着

水栓下の元栓を閉めようとしたら、ハンドルが固着していました・・・。ハンドルをなんとか回してみると、ハンドルを接続する部分も一緒に回ってしまって水がにじんできました。

思ったよりも水が出てきてしまったので、いったん大元の元栓を止めました。

固着していたハンドルが動くようになったことを確認してから、ハンドルパーツの接続部を締め付けました。ここのパッキンは生きていたので、元栓を開け閉めして大丈夫になりました。ここの作業はこれで終了です。

 

蛇口はパッキンの劣化による水漏れが起こった

元栓を直してみると、ゴンゴンゴンゴンという音は止まりましたが、水道の蛇口(水栓)を閉めても水が止まらなくなりました。パッキンがダメになっている場合の特有の症状です。ハンドルを回してもかなりの水が出てきてしまう程だったので、だいぶ前からパッキンがダメになっていたのかなと思います。

色々な事例を見ているプロでないので良くわかりませんが、下の元栓のハンドルを極端に閉めたまま使っているなどして、ウォーターハンマーが発生していたのかもしれません。

 

 

水道の蛇口のメーカーが分からないので、まずは分解

水栓にはメーカー名がどこにも書いておらず、どのパッキンを頼めば良いか分かりませんでした。こうなるとネットでの注文は難しいですが、中のパッキンのパーツが分かればホームセンターで買ってくることが出来るので、まずは水栓をバラしてみることにしました。

ハンドル上の青いキャップをドライバーでこじって外します。

キャップを外しました。ネジが見えてきたので外します。

上側に鏡があって隙間が狭かったので、長さの短いスタッピドライバーでネジを外しました。

ハンドルが取れました。

接続部のネジをモンキーレンチで緩めます。

これで引き抜けば外れるかと思いましたが、固着ぎみだったのでハンドル部分を回して固着を剥がしました。

蛇口(水栓)上部のパッキンがあるパーツを抜き取りました。パッキンとハンドルの部分は一体形になっていました。そして、このパーツを握りしめてホームセンターへ向かいました。

 

呼び径13mm用のハンドルなどの水栓パーツとコマパッキン買う

予想通り、同じ形のパーツはありませんでした。ですので、TOTOが採用しているタイプのものに代えることにしました。不具合が起きている単水栓は、呼び径13mmの規格のものだったので、パーツの入れ替えが可能です。

ハンドル付きの上部のパーツが売っていたのでそれを1つ、そのパーツの下に付けるコマパッキン(ケレップ)を1つ買いました。これに交換しておけば、あとはどこでも売っているパーツを使えるようになります。

古いパーツと新しいパーツを並べてみました。古い方はハンドル以外が一体形ですが、TOTOが採用しているのコマパッキン(ケレップ)は、パーツに差し込んで使うようになっています。

 

ハンドルやコマパッキンを交換

新しいパーツをセットしました。見た目が馴染みある形になりました。

この上に同梱されていたハンドルをセットします。この取り付け方であればハンドルもいろいろ売っているので、好きな物に後から変えることもできますね。

水しか出ないので、青いキャップを取り付けて完成!しっかり水が止まるようになりました。これで、しばらくまた大丈夫でしょう。

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る