feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

XT20に装着したXC50-230mmF4.5-6.7

フジノン XC50-230mmF4.5-6.7 OIS IIは、リーズナブルなのに写りがいいと評判のレンズです。なんといっても手軽に持ち運べる大きさがいい!軽量コンパクトで散策用にピッタリの望遠レンズ・XC50-230mmF4.5-6.7 OIS IIを紹介したいと思います!

散策用にフジノン XC50-230mmF4.5-6.7 OIS IIを購入

ツーリングに持って行っていたシグマの18-200mmの写りは高倍率ズームにして良かったのですが、XF16-55mm f2.8の写りが良いため出番が少なくなっていました。ただXF16-55mmだと望遠側が物足りないことがあり悩ましい状態でした。

バイクツーリングの場合は一本で済ませたいので、本来ならXF18-135mmやXF16−80mmがベストのような気もしますが、XF16-55mm f2.8は気に入っているため使い続けたく、もっと望遠も使いたいことからレンズを1本追加することにしました。

選んだのは軽量コンパクトなフジノン XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II。お値段がとってもリーズナブルなのもいいんです!ツーリングで手荒な扱してダメにしてしまっても懐が痛みませんしね。

個人売買の中古でうまく買えれば1万円後半、お店の保証付き中古品でも2万円台で買えるほどリーズナブルなレンズなのに写りがいいという評判もあっての購入です!

XC50-230mmF4.5-6.7

 

とっても軽量でコンパクト!散策にピッタリサイズ!

フジノン XC50-230mmF4.5-6.7 OIS IIの第一印象はとにかくコンパクト!そしてめちゃめちゃ軽いです!下の写真はガチレンズのXF100-400mm f4.5-5.6との大きさ比較ですが、こんなにも差があります。

実際にカメラに装着してみると、望遠の割にかなり小さく感じるレンズで、フジフィルムの軽量コンパクトなAPS-Cのミラーレスにはぴったりサイズに感じました。

私は写真をじっくりと撮る方ではなく、気軽に散策に持ち出してパシャパシャ撮る方が好きなので、こちらのフジノン XC50-230mmは性に合っていそうです!すごく良さそうな予感がしました。

XF100-400mm f4.5-5.6とXC50-230mmF4.5-6.7

 

安っぽい作りだが、230mmまであるのがGOOD!

フジノン XC50-230mmF4.5-6.7 OIS IIはリーズナブルなレンズなので、作りはとっても安っぽいです!おもちゃ感・プラスチック感が満点!

レンズ本体の質感などにこだわる方は受け入れられないかもしれませんが、私は写りがしっかりしていれば質感はこだわらないので問題ありません。バイクツーリングで手荒な扱いになりますしね。

ちなみにズームを伸ばすとこんな感じに伸びます。200mmではなく230mmまで使えるのは地味に嬉しいですね!望遠はどこまでいっても物足りないことがあるので少しだけでも有り難いですね。

XC50-230mmF4.5-6.7の望遠側

 

AFは遅い

軽くてリーズナブルで外に持ち出しやすいフジノン XC50-230mmF4.5-6.7 OIS IIですが、大きな欠点はAFの遅さです。

商品が到着して試しに部屋の中でピントを合わせると、遅いこと遅い事!速いAFが普通になった今、この遅さは久しぶりの感覚でした。

しかし、外の明るい所で動体以外に使う分には許容範囲かなとも思います。遠景を望遠端で撮っている場合にはそれほど気にならなそうですし、花などの動かないものも大丈夫です。

しかし素早くピントをあわせる必要のある被写体を撮りたい、より綺麗に撮りたいのであれば、xf55-200mmf3.5-4.8レンズの方がいいかなと思います。

フードを付けたXC50-230mmF4.5-6.7

 

 XC50-230mmF4.5-6.7 OIS IIの主なスペック

レンズ構成:10群13枚
焦点距離:50-230mm(35mm換算:76-350mm)
最大口径比(開放絞り):F4.5-F6.7
最小絞り:F22
羽根枚図宇:7枚
撮影距離範囲:標準1.1〜∞ マクロ1.1m=3m
外形寸法:ø69.5mm × 111mm(W端) ø69.5mm x 177mm(T端)
重量:375g
ø58mm

(RAKUTEN)

 

ボケも綺麗で写りがいい!

まだバイクでも街中の散策でも使っていません。外へ持ち出して写真を撮ってみたら追加で感想と写真を掲載したいと思いますが、とりあえず近所で花を撮ってみました。

花を撮ってみた

普通の大きさの花であれば、望遠側で花はいい感じに撮れました。F4.5-6.7と決して明るいレンズではありませんが、望遠の特性上もあり解放側ではいい感じでボケます。

背景は程よい程度にぼけつつ、けっこう花自体はシャープ。第一印象はけっこう花にも使える!と思いました。

XC50-230mmF4.5-6.7で撮影した花(グリーンピース)

少し離れた所にあった花を望遠側で撮ってみました。光の雰囲気もかなりいい感じですね。思ったよりシャープなのにナチュラルな雰囲気も残っていて、私は好きな描写です。

XC50-230mmF4.5-6.7で撮影した花(ミツバツツジ)

モモの花も撮ってみました。雌しべなどの写りもパキッとしていますし、思いの外ボケが綺麗!被写体との距離感も程よい感じで撮れるので、外の散策の時には使いやすそうです。

XC50-230mmF4.5-6.7で撮影した花(桃)

 

リーズナブルなのに写りが良いのは本当だった!

軽量・コンパクトで散策時に持ち出しやすく、描写もよくて花も綺麗に撮れました!AFは遅めですが、噂通りのコスパのいいレンズがフジノン XC50-230mmF4.5-6.7 OIS IIでした!

(RAKUTEN)

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る