feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

XT20+フジノンレンズ XF100-400mm f4.5~f5.6 R LM OIS WR

通勤がなくなり朝や夜の散歩が日課になりました。その散歩で鶴見川の方へ歩いて行くと野鳥をかなり見かけるんですね。その野鳥を撮ってみたくなり、フジノンレンズ XF100-400mm f4.5~f5.6 R LM OIS WRを購入しました。

まだ1時間ほどしか外へ持ち出していないのですが、ファーストインプレッションを書いてみたいと思います。

自宅で見る100-400mmレンズは大きかった!

フジノンレンズ XF100-400mm f4.5~f5.6 R LM OIS WRは中古でもけっこうお高いので、使っていないキヤノンレンズを数本売りに出しました。それを元手に買った1本です。

XF100-400mmのレンズを自宅で見た時の印象は「思ったよりもデカい!」です。ネット上の写真を見るより、カメラ店で実物を見るより、自宅で見る方がとても大きく感じました。

フジノンレンズ XF100-400mm f4.5~f5.6 R LM OIS WR

ズームでテレ端まで伸ばすとこんな感じ。

フジノンレンズ XF100-400mm f4.5~f5.6 R LM OIS WR

フードを付けたら、もう兵器にしか見えません!

フジノンレンズ XF100-400mm f4.5~f5.6 R LM OIS WR

 

フジノンレンズ XF100-400mm f4.5~f5.6 R LM OIS WRのスペック

フジノンレンズ XF100-400mm f4.5~f5.6 R LM OIS WRのスペックを簡単に紹介しておきます。

レンズ構成:14群21枚
解放絞り:F4.5-F5.6
最小絞り:F22
羽根枚数:9枚
撮影距離範囲:1.75m〜∞
外形寸法: ø94.8mm × 210.5mm(W端)ø94.8mm x 270mm(T端)
質量:1.375g
フィルターサイズ:77mm

フジフィルムのカメラで野鳥を撮る選択肢はこれ一択です。作例なども含めネットでみましたが、レッドバッジモデルでもあり評判は上々のようでした。

フジノンレンズ XF100-400mm f4.5~f5.6 R LM OIS WR

 

実際に撮影!

ガチ用なので目的意識が必要なレンズ

買った翌日の朝の散歩に持ち出してみました。私が普段入れているカメラバッグにはXF100-400mmを装着したXT-20しか入りませんでしたが、桜も撮りたかったので2台持ち出してみました。

感想としては持ち出しは一台に限る!重いですしね・・・。XF100-400mmは散歩用ではないですわ・・・。一日鳥を撮っていたいとか、スポーツシーンなどを撮りたいとか、そんな目的意識が必要なレンズだと思いました。

正直な所では、散策しながら興味を持ったものの写真を撮る私のスタイルには合わないかも・・・。ま、鳥は撮ってみたいのでやってみますが、私の普段使いにはならなそうな気がしています。

鳥を撮ってみた

カモなどは300mmくらいまでのレンズでも十分撮れますし、メジロも花に寄ってきたものであれば200mmもあれば撮れたりします。

そんな中で撮ってみたかったのは小さな鳥です。カモのように被写体は大きくなく、メジロのように寄ってきてくれない小さな鳥は、今まで持っていた機材では難しい被写体だったのです。

まず撮ってみたのがウグイス!ホーホケキョと鳴いていたので探して撮ってみました。400mmを使った上にかなりトリミングをしていますが十分見れますね!

XF100-400mmで撮影したウグイス

粘って撮る時間がなかったので、そこら辺にいたオオバンも撮ってみました。オオバンはいままでの機材でも撮れなくはなかったですが、レンズ的にもトリミング的にも余裕が出ました。

XF100-400mmで撮影したオオバン

花を撮ってみた

フジノンレンズ XF100-400mm f4.5~f5.6は1.75mしか寄れませんが、望遠側を使うことでかなり寄れます。鳥を撮りつつ綺麗な花があったら撮ってみるなんてことは大丈夫そうです。

XF100-400mmで撮影した桜

地面の芝桜も撮ってみました。後ろの芝桜が離れていたのでかなりボケすぎました・・・。まだ1時間の散歩の中でたいして使っていないのだから、仕方ないということで・・・。追々感覚をつかんでいきましょうかね。

XF100-400mmで撮影した芝桜

AFの速度

商品が到着した時にAFの速度を家で試してみましたが、十分に速いです!実際に鳥や花を撮った時もXT20で全く問題なく素早くピントが合うレンズでした。

フジフィルムのレンズの中では上位のレンズなので、当たり前と言えば当たり前ですが、XC50-230mmやFringerで他社望遠を使うよりもかなり快適でストレスなく使えました。

 

こんな人におすすめ

花の写真を出しましたが、散策に持ち出すには大きすぎるので、花を撮ることは出来ますが花メインならもっと軽くて小さいレンズがいいと思います。

しかし、野鳥やスポーツなど目的意識がある人が使うにはぴったりのレンズです。飛行機などもいいでしょうね。個人的にはモータースポーツに持ち出してみたいかな。

コメントを書く
  •  

  • ぶとぼそ

    レンズ沼にハマってきたようですね!!
    キヤノンの初代EF100−400をずっと使ってましたが、年々その重さが苦痛になってきていたのでMフォーサーズに交換してしまいました。
    このレンズも大柄そうですね。APS-C専用なのに妥協のないフジらしく重量もEFと変わらないとは。手ぶれ補正があるといっても、このクラスのレンズは手持ちだと厳しいですよね。

    昨日恩田川に行きましたが、カモたちの大半は北に向かって旅立ってました(悲)。

  • トリプー

    沼・・・バイク装備が基準なのでハマってる人ほどハマってはいないと思いますが(笑)、鳥はちょっととってみたいと思って買ってしまいました。

    大柄は大柄ですね。カメラはコンパクトなモデルしか持っていないので不釣り合いです(笑)
    鳥は撮ろうと思うと、それだけになりそうなので・・・このレンズはあまり出番がなさそうです^^;飛行機は取りに行ってみたくなってますけどね。
    レンズ的には同時期に買った50-230がかなり良い感じなので、こっちの方が好みでした・・・。

    今日は川へ行ってみましたがカモはカルガモしか居ませんでしたが、ツバメが飛び始めていましたね。


  • ページのトップへ戻る