feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

コルク床貼り

半地下室にしまってあった本や人形を移動して部屋の改装を始めました。

書棚や押し入れ部分を取り外してその下の部分にコルク貼りをして、倉庫ではなく普通の部屋として使えるようにしました。

押し入れ的な棚や書棚を取り外す

もともと半地下の部屋は物置部屋としても利用していました。

そのため、天井の低い部分に棚を設置し、壁際にはたくさんの本が収納出来る本棚を作りました。

写真はすのこ部分を取り外してありますが、2段の棚として押し入れ的に使えるようにしてありました。

コルク床貼り

この棚とサイドの本棚を取り外すとベニアの下地が出てきます。

この部屋のコルク貼りは自分で行いましたが、予算節約のために棚類の下はコルクを貼らずにいたんですよね。

今回は倉庫というよりは1つの部屋として自由に家具を置けるようにするため、貼ってなかった部分にコルクを貼っていきました。

コルク床貼り

 

接着剤でコルクを貼っていく

以前注文したコルクはどこで買ったのか見つからなかったため、サイズを測る300×300×5mm圧のコルクでした。

4mm圧のものが安かったので、ここ20年の建材の値上がりで薄いものが主流になっているのかもしれません。

まぁ分かりませんが、段差が出来るのもいやなので同じサイズのコルクを注文しました。

(RAKUTEN)

 

いったん敷き詰めていって、壁際の部分はカッターでサイズを調整します。

コルク床貼り

接着剤は建築内装用のボンドG10Zを使いました。探すとコルク専用のものもありますし、ボンドG17とかでも貼ることはできます。

(RAKUTEN)
(YAHOO)

 

ヘラを使って床とコルクに接着剤を塗り、乾いたら貼り合わせていきます。ヘラは写真に写っているものを使いました。

コルク床貼り

貼り終わったら圧着用のローラーで抑えていきます。

DIYだったらなくてもなんとかなると思いますが、前回やったときに買ったものがありました。

コルク床貼り

 

コルク貼り完成

コルクが貼られていなかった部分にコルクを貼りました。新築当初に貼ったものとは色がやや違いムラもありますが、自然素材なので仕方ないでしょう。

コルク床貼り

とはいえ、新たに貼った部分の上には家具が置かれてしまうので、まったく気にならないはずですけどね。

コルク床貼り

 

新築時にいろいろトラブった部屋なのですが、すっかり安定して普通に使えるようになりました。

全面コルク貼りになったので、自由なレイアウトが出来るようになったのは大きいです!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

コメントはありません


ページのトップへ戻る