feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

新婚旅行の期間は1ヶ月!

「どこへ行こうか?俺はバイクで行きたいなぁ。」
「私もバイクでもいいわよ。」

最初は安易に考えていました。

「期間はどうする?大義名分もあるから、1ヵ月くらいは行きたいな〜。」
「1ヶ月も休んで平気なの?」

「1ヶ月くらいが限界かな・・・。それ以上だと、お金と仕事がなくなるかも知れない・・・」

1ヵ月という旅行期間も簡単に決まりました。

「ではどこへ行こう?」

トリプー:「ヨーロッパ周遊(特に北欧)/モロッコも行きたい」
M:「どこでもいい/ハワイとかのリゾートでのんびりもいいな」

トリプー:「じゃあ帰りにハワイに寄るのはどうだ。」
M:「アジアも行きたい。」

トリプー:「アジアより中東に行きたい」
M:「中東もいいなぁ。」

トリプー:「オーストラリアももう一度行きたい。ニュージーも行きたい。でも季節が悪いか。」
M:「南米は行きたくないの?私は行ってみたい。」

旅行先については、全くまとまらない話がひたすら続きました。

 

新婚旅行はバイクツーリングもあり?

トリプー:「まずはバイクツーリングかバックパックかツアーかだな。」
M:「バイクかレンタカーかなぁ。」

トリプー:「バイクなら、カナダ、アメリカ、ヨーロッパかなぁ。レンタカーならどこでも。レンタバイクという手もあるぞ。買うという手も。」
M:「どこでも私は行ければいいや。」

トリプー:「(でたな無責任発言)でもさ、レンタバイクは損だよね。2台借りなきゃいけないし。ヨーロッパも通関に手間取ると期間がもったいない」
M:「じゃあカナダ?行ったことないから行ってみたいけど、Tは行ってるじゃん。」
トリプー:「また行ってみてたいからいいけど。特にロッキーはまた行きたい」

M:「バイクは2台もっていくの?」
トリプー:「2台だと費用がかかりすぎる!!買った方が安いかも。」

 

バイクをタンデム旅行仕様に勝手にしてしまう

話はこんな感じに進み、トリプーは勝手にバイクをタンデム使用に改造してしまいました。

トリプー:「バイク改造したよ。」
M:「エッ、バイクで行くことになったの?」
トリプー:「わかんないけど、持っていくなら時間が間に合わなくなるから、とりあえずやっておいた。」

M:「そういえば、カナダ行くなら、ハワイも寄りたい。」
トリプー:「そういうチケットあるから大丈夫だ。」

と、なんとなく決まったかに見えたのですが・・・。

 

カナダツーリングで本当にいいのか?

M:「カナダのどこ行くの?」
トリプー:「ロッキー」

M:「そこだけ?もったいなくない??」
トリプー:「でも一ヶ月だとあんまり行けないよなぁ。アッ!イエローナイフにいきて〜」

M:「何があるの?」
トリプー:「冬はオーロラだけど、夏は何もないんじゃないの?」

M:「でも行ったことない所の方がいいよね?」
トリプー:「そうだねぇ」

この後もこんな感じで話しは続き、行くところまで行っては元に戻るという現象が!

バイクにするならカナダ、バイクでなければどこへでも行ける。
そこから先がなかなか決まらず、案をまとめてから絞ることにしました。

 

最終的に残った新婚旅行の案は4案

●カナダ・アメリカ、バイクの旅(ハワイ付)
●ヨーロッパ、レンタカーの旅
●ハワイ1ヶ月
●ハワイ・台湾・インドネシアとか近い国を2週間くらいずつの旅

候補はいくつか絞れたのですが、これからが大変だったのです。

もうバイクしか考えられなかったトリプーですが、計画を立ててみると、カナダを1ヶ月間で回れる場所はかなり限られてしまうのです。

 

バイクに決定。1ヵ月で行けるコースを3コース考える

とにかくバイクに決定!
1ヵ月で行けそうなコースを考え、3つの候補に絞ります。

●北米西海岸ウロツキコース(ハワイ付)
●カナダ横断コース
●アメリカ横断コース

この中から選ぶことになりました。北米西海岸は行ったことあるからパス。アメリカ横断よりもカナダ横断の方が日程的にいいだろうとなりました。

 

決定!基本的にカナダ横断!あとは臨機応変に

●バンクーバー – ウィスラー – ロッキー – ひたすら横断 – トロント – ナイヤガラ – プリンスエドワ−ド島 – ボストン(これが最長でボストンアウト)
●バンクーバー – ロッキー – ひたすら横断 – トロント – ナイヤガラ(これが最短でトロントアウト)

あとは現地での時間の過ぎかたで決めようということになりました。

 

<バイクのパーツは品揃え豊富なウェビックで!>
ウェビック 楽天市場店
コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る