好きなジャンルだけを見るには
ココのメニューをクリック→

1995年4月
行程:シンガポール-ジョホールバル-マラッカ-クアンタン-クアラ・トレンガヌ-コタバル-ハジャイ-ランカウイ-クアラルンプール-シンガポール

オーストラリアからシンガポール経由の飛行機で日本へ帰ったのですが、
もちろんシンガポールでストップオーバー!!
シンガポールとマレーシアを楽しみたいと思ったから。
でも旅行期間が長くなってくると、
まだまだ旅行したいたいという気持ちと、早く帰りたいという気持ちが入り交じっています。
途中までは回りたいという気持ちが勝っていましたが、
タイに入ってから帰りたい気持ちが上回り、そのまま日本へとなりました。

 

各国の印象

シンガポールは大都会で、街がとてもキレイ。とても西洋的な印象です。
だから、古〜いマンションに入っている安宿なんかで、
下着だけのカッコで受付をしているオヤジさんなんかとても違和感がありました。
マレー系と中国系の人が主に住んでいて、その他インド系とかまあいろいろ。

マレーシアはもうちょっとアジア的になります。
クアラルンプールは大都会ですが、シンガポールと違って
キレイな所と下町っぽい所が入り交じっています。
建ってる建物とかは違うけど、昔の日本ってこんなじゃなかったのかなと。
田舎へ行けば、親切な人や人なつっこい人が増えてきます。
町もとても素朴。私的にはマレーシアの田舎は落ち着けていいですね〜。

タイはハジャイで疲れて帰ってしまった・・・。
とにかく客引きが多い!ピンク産業の客引きが特に多かった・・。
元気な時は、それはそれで楽しめるんだろうけど、これでドッっと疲れた。
どちらかというとこの頃は、長旅の疲れを落ち着いた所で癒されたかったからねぇ〜。
でもタイは日本と全く違う印象があって、
シンガポールとかマレーシアより面白いんだと思う。
元気な時に訪れれば、さらに元気になるような国かも。

疲れで日本に帰りたいという気持ちがあったから、
日本的に落ち着けるマレーシアが一番印象が良かった。
でも帰ってきてみると、タイはやっぱりもう一回行ってみたい。

日記はつけていなかったので、写真だけご覧ください。(クリックで拡大します)

 

PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO
PHOTO

コメントを書く

*

コメントはありません

  • My Yahoo!に追加
  • follow us in feedly
  • tripoo_takasをフォロー
  • rss