好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

そもそもは、キャブOH後にスロット全閉で急制動するとエンジンがストールするようになりました。
規定値に回しておいたつもりですが、もしかしたら間違えて余分に回していたりしたのかもしれません。

エアスクリューを調整すれば解決するのですが、キャブを車体に取り付けてしまった後では、
KLR650は、キャブ調整用のワイヤー式のドライバーはもちろん、薄いL型のドライバーでも入らないスペースなのです。
(写真で見るイメージより隙間ありません)

 

それほどシビアなエンジンでもないので、
戻す回転数を間違えているとすれば、規定値付近までまわし直せばたぶん直るのですが、
キャブを外して回し直すのも面倒、なんとかスペースに入る薄い工具を作るのも面倒です。

そんな面倒でイヤだなぁと思っていたところに、
ハーレーのCVキャブ用に手で回せるエアスクリューが出ていることを教えてもらいました。
キャブをもう一度外すなら、エンジンをかけながら微調整出来るようにしたい!

 

エアスクリューキットご購入

海外では何社からかスクリューが出ていましたが、日本のサイトから買えるのは2つほどみたいでした。
いちおうKLR650用をうたっていて、値段も若干安かった、
「YOST PERFORMANCE ヨストパフォーマンス SCREW IDLE MIX CV CARB」をご購入。

買う人も居ないと思いますが(笑)いちおう貼っておきます。

 

キットの内容物

キットには、スクリュー、ガスケット、バネに加え、
スクリューを隠している蓋をはずすためのボルトも入っていました。

 

キャブ取り外し

部品も来たので、キャブを取り外しますが、クラッシュバーが邪魔なのです・・・。
これいちいち外さないとキャブにアクセス出来ません・・・
ま、キャブは頻繁に外すところではないので、いいのですが・・・。

 

スクリューをインストール

キャブのスクリューを蓋しているプラグは外してあるので、普通にスクリューを交換するだけです。

 

ノーマルのスクリューを外して、新しいスクリューに交換。

 

キャブ取り付け

インストールしたら、車体にキャブを戻します。
相変わらず、キャブを車体に装着するときのコツが分かりませんが、無事に収まりました。

マフラーやエンジンの熱があつそうではありますが、
エンジンをかけながら手で調整ようになったので、
オイル交換時にちょこっとエア調整とかも出来るようになりました。

コメントを書く

*

  • INTER8 さん

    こんなに詰まった箇所にキャブが押し込められているんじゃ調整はできそうにありませんね。外からネジの頭も見えないし。

    TRL200を買った当時、発売時の初期ロットはキャブがイマイチで、トライアルなのに車体を傾けるとアイドリングでエンストしていました。他の人のも同じようにエンストしていましたから、発売を急いだための不具合だったと思っています。
    キャブ自体を交換したりしましたが、結局スロージェットを幾つか交換してイイ感じになりました。なつかしい。

  • TOSHI さん

    今はストールする事もないんで、とりあえずは必要ないですが、今後の為に買っておくべきか・・・・・?
    う~ん??

  • tripoo_takas さん

    >INTER8さん
    ほんとにドライバーはいらないんですよ。
    初期モデルがそうだっただったら、後期モデルは改善されてそうですね。
    今はバイクもインジェクション時代になっちゃったので、穴の大きさや、針のとがり方でセッティング変えるって
    すごく時代を感じますね(笑)

  • tripoo_takas さん

    私がたぶん戻しの回転まちがえてたんだと思うんで、必要ないと思いますよ・・・。
    そこでそんなに調子が変わるってエンジンでもないですしw
    ただアイドリングの時にいじれるようになったので、微妙に回していい感じに調整は出来るようになりますが、
    いかんせん、海外物なので・・・値段が高い・・・・。
    半額くらいだったらいいのですけどねぇ・・・・。

  • FEED

    • My Yahoo!に追加
    • follow us in feedly
    • tripoo_takasをフォロー
    • rss