好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

林道でナンバープレートをを落とす

おそらく林道走行中にタイヤがナンバープレートにヒットして、
ナンバープレートを落下させてしまいましたっ><

幸い、後続の人がナンバーを拾ってくれたので事なきを得ましたが・・・。

ナンバーにタイヤが当たってしまったのは、
リアタイヤの純正サイズが130/80-17のところ、
130/90-17の外形が少し大きいタイヤを付けたからだと思います・・・。

装着前に海外サイトで何か問題は出ないか調べましたが、
問題なく装着できると書いてあったので大丈夫だと思っていたのですが、
装着は出来るがナンバーには当たるようでした・・。

 

タイヤに当たらない場所にナンバープレートを移設

タイヤはまだ溝があるので使い切りたいけれど、
部品を買って直しても、
このタイヤを使うのであれば同じことが起きてしまう・・・なんてこったい。
とりあえずナンバーを移設するしかないですね。

移設場所は、テールランプの下あたりが良いですが、
パニアのステーが邪魔してNG。

斜めに傾くナンバーもあまり好きではないので、
外装の一番下あたりに付けるのを考えましたが、
ここだとリフレクターが隠れてしまって、車検は通りません・・・。
この位置にするならばリフレクターも移設しないといけない・・。

穴を開ける直前まで行ったのですが、
このサイズのタイヤは次は買わないつもりなので、
当面は仮設で済ませることにし、作業開始です。

曲がったナンバーをなるべく真すぐに戻して、フレームにはめます。

このまま設置しても、ナンバー灯がないので、こちらを取り付けました。

防水ではないようなので、水はいりそうなところをコーキングで防水し、
純正のナンバー灯の端子にあわせてギボシ端子に好交換しました。

仮設場所は、リフレクターも見えることだし、結局パニアのステーの部分に。
泥よけ部分の割れてるところはカットしました。

ナンバー灯もきれいに点灯。古いバイクに似合わない白さw

次にタイヤを変える時は純正サイズに戻したいと思っているので、
今のタイヤを使い終わったら、純正位置に戻そうかなと思っています。

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません