feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

大きすぎず美しい形状の砲弾型ライトをVIGOREのライトとして装着しました。車体に付けっぱなしにしておくライトは、明るさよりも見た目優先!そのデザインに惹かれて購入したLEDライトをご紹介したいと思います!

アルミCNC切削の美しい砲弾形ライト・Bullet Lighting

ランドナーイメージのものにしてみたいという理由で、砲弾形のライトを物色しました。砲弾形ライトはすぐにヒットするのですが、どうも大きさが大きそうなものが多いのです。

そんな中、比較的小型で、アルミCNC切削で安っぽく見えない砲弾型のライトを見つけました。ブレーキ部分に取り付け可能がステーも付いているので、苦労せずに少しおしゃれなライトを装着できそうです。

品切れの場合はブロンプトン用もほぼ同じものだと思います。また、黒いモデルもあるので、黒が良い場合は検索してみてください。

 

スペック

この砲弾型ライトはUSB充電式。乾電池式の砲弾形とくらべて、充電式でコンパクトに出来ています。明るさは40ルーメンと暗めですが、とてもスタイリッシュなのが魅力なライトです。

明るさ:40ルーメン
High:3時間 Low:6時間 Flash:50時間
充電方式:USB チャージ時間:2.5時間

 

取り付けは付属のステーで簡単

ビゴーレのヘッドパーツがもっこり出っ張っていたので、取り付けを工夫しましたが、通常はバンドをはずして、ステーとライトを取り付ければOK。

光る部分のレンズ自体がスイッチになっており、ガラス面を押すとスイッチが入ります。今っぽいですね。まら、ライト前側部分を外すと充電が可能。

 

街乗り用途に使用するのがベスト

40ルーメンの明るさなので、強烈に明るいということはありません。夜に暗い所は走るには、明るいライトをハンドルに取り付けたほうが良いと思います。

街乗りで普段使うのなら問題ないでしょう。点灯、点滅、どちらもできるので、点滅であればバッテリーも長持ちです。

品切れの場合はブロンプトン用もほぼ同じものだと思います。また、黒いモデルもあるので、黒が良い場合は検索してみてください。

 

Bullet Lighting 砲弾型ライト

真っ暗な夜道を走るのには使えませんが、普段使い用途として車体に美しくセットされているのが魅力のライト。ライトがデザインの一部になるのが良いですね。

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る
// RWGPS埋め込み表示用