feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

ウッドフェンスのDIY

リビングが見えにくくなるようにお庭の前にウッドフェンスをDIYで製作しました。柱を立てて1×4のウエスタンレッドシダーという木をビス留めしただけですが、ウッドはやはり雰囲気が良いですね。その製作過程を書いていきたいと思います!

ウッドフェンスを作る場所

もともとはお庭の前のこの場所はモッコウバラで目隠しをしていました。しかしシロアリにやられて別の箇所を工事したときにいったん取り外してモッコウバラも処分しました。

植木での目隠しは手入れも大変だったこと、水はけなどの関係から草木が良い状態で育たないことから、木材を使ってフェンスを作ることにしました。

ウッドフェンスのDIY

 

材料のウエスタンレッドシダーを購入

少し長い木材が必要だったため、材料になるウエスタンレッドシダーをまとめてネット購入しました。厚みの薄い1×4材フェンスのn目隠しになる部分で、厚みのあるものは柱になります。

ウッドフェンスのDIY

購入はウッドデッキやフェンスなどの材料が揃っている木工ランドで購入しています。何度か購入していますが、安心して購入できています。

 

木口から水を吸わないように柱に処理をする

木材が地面に接していると、木口からけっこう水分を吸ってしまいます。フェンスの柱はコンクリート面から5mmでもいいから浮かせたほうが長持ちするので、とりあえず自宅にあったゴムをくっつけました。金属ほどは持たないかもですがまぁ十分でしょう。そして、部材をくっつけた状態で柱の長さを合わせてカットいました。

ウッドフェンスのDIY

フェンスの柱を建てる

フェンスを立てる部分は下がコンクリート、上が木材がありました。上側はビスの斜め打ちでもんでいきます。下側のコンクリート部分は、L字金具を買ってきて取り付けることにしました。振動ドリルでL字金具の穴にあわせて穴をあけます。

ウッドフェンスのDIY

そして必要な所にウエスタンレッドシダー2×4材で柱をまず3本立てました。この柱自体はそれほど力がかかるわけでもないので、この程度の固定で大丈夫です。

ウッドフェンスのDIY

広くあいている部分にもう1本柱を入れ、上側を左右の柱につなぎました。

ウッドフェンスのDIY

 

1×4材で目隠し部分のフェンスを作ります

1×4のウエスタンレッドシダーをカットして柱にビスでもんでいきます。お庭への通路になる部分は通れるように開けてあります。

扉を付けることも考えましたが、使い勝手が悪そうですし、この通路の先には比較的大きな木があるので目隠しはなくてもあまり気にならないかなと。

ウッドフェンスのDIY

 

雨樋の取り付け

雨樋は以前のをそのまま流用しますが、柱の位置が雨樋に近づいてしまい、前つかってた金具と位置があわなくなってしまいました・・・。

ウッドフェンスのDIY

長さが合わないなら切っちゃうか・・・ってことで、ビス留めする部分を金ノコで切り、柱の木に直接さして長さをあわせました。

ウッドフェンスのDIY

金具と雨樋を取り付けた状態です。まったく問題ありませんね。

ウッドフェンスのDIY

 

塗装してウッドフェンスの完成です

最後に木部保護のための塗料を塗れば完成です。塗った塗料はニューボンデンのチークカラーです。フェンスの感覚を少しあけぎみにしてあるのはお庭の緑も感じたいからですが、ちょうど良い感じになりました!

ウッドフェンスのDIY

ニューボンデンの塗料についはこちらの記事にまとめてあります。

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る