feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

「おもいでばこ」本体

簡単に誰でも写真整理ができる「おもいでばこ」買いました。パソコンで写真整理をしてる私ですが、「おもいでばこ」を買った一番の目的は家族との写真共有のためです。

自分だけのための写真整理はパソコンで問題なく出来ているのですが、パソコンにパスワードもかけているため、自分にもしもの時があったら写真が誰も見れなくなってしまうのでは?と思ったのがきっかけです。

私の家の場合、家族も隣に住む父や母も同じWifiのネットワークで繋がっているので、父や母のスマホで子供達の写真を共有することもできてしまいます。子供たちの写真を気軽に見てもらえるのもいいなと思いました。

「おもいでばこ」は、パソコンの操作や写真の整理、バックアップが苦手な方はもちろん、写真が好きで自分のPCに写真をため込んでいる人にもおすすめです!特に家族をお持ちの方は便利に使えると思います!

おもいでばこって何?

写真を整理するための機械です。PCに詳しい人には写真専用のNASと言った方が分かりやすいでしょうか。自宅の無線LANなどに接続すれば、スマホやPCのアプリを使ってみんなで写真を共有することができます。

写真を撮ったSDカードから写真を取り込んだり、アプリを使ってスマホやPCから写真データを送ったり、それを家族それぞれのスマホで楽しんだり、そんなことが簡単に実現できてしまう便利なものです。

取り込んだ写真は日付で自動で写真の整理もしてくれます。また、自分で特別なアルバムを作ったりすることもできます。そして何より操作はテレビリモコンのようなものを使うためとても簡単!パソコンが苦手な人でも簡単に扱えるのも魅力の一つです。

「おもいでばこ」の内容物

 

PCで写真管理している写真好きこそ使って欲しい!

PCで写真を管理している写真好きな方、特に家族をお持ちの方におすすめなのが「おもいでばこ」です。今まで通りにパソコンには全データを保存しておいて、家族の写真や綺麗な写真だけを「おもいでばこ」に送信して、家族みんなで共有することが可能なんです。

もちろん、ご家族の方が「おもいでばこ」に写真を保存するのも簡単です。みんなで写真を共有しながらこれから先ずっとしっかり保存できるんです。これはPCではなかなか出来ない事だと思います。

「おもいでばこ」の写真共有は、同じWifiネットワーク場にいるご家族がスマホのアプリを使用して見ることが出来ますし、テレビやタブレットを使ってスライドショーで映し出すなんてことも出来ます。

私の場合、自分のパソコンに子供が小さい頃からの写真がすべて入っていますがパソコン自体にパスワードもかけているため家族とは共有ができません。自分にもしものことがあったら誰も写真を見れなくなってしまいます。

そんなわけで家族で共有できる「おもいでばこ」の購入にいたりましたが、この商品はとてもよく出来ていてとても満足しています!

「おもいでばこ」のアルバム画面

 

おじいちゃんおばあちゃんにも見てもらえる!

同居しているおじいちゃんやおばあちゃんなど、同じWifiネットワーク内であれば、子供達の写真などをタブレットやスマホで自由に見てもらえます。

遠距離の場合でも、ネットアルバム「フォト像」に画像をアップすることで「おもいでばこ」で表示が出来たりもしますし、Googleフォトとの連携しておき、おもいでばこに写真を保存するとGoogleフォトに同期し、Googleフォトを利用して離れたご両親と共有することも可能です。

「おもいでばこ」のネットアルバム画面

 

スマホで写真を撮るのが好きな人にも便利

スマホで写真を撮るのが好きで、本体はいつもデータでいっぱい。クラウドストレージにアップはしているものの容量が・・という人にもおすすめです。

データ容量をあまり気にせずに保存が出来る上にバックアップ機能もついているから、写真をどのように整理していいか分からない人にも便利に使えると思います。

「おもいでばこ」のスマホアプリ画面

 

操作が簡単!テレビでみられる

「おもいでばこ」はHDMIケーブルでテレビやモニターにつなぐことが出来ます。家族が一番使いやすいテレビにつないでおけば、家族みんなで使えるのはいいですよね!また、表示メニューはとてもシンプルなので迷うことがありません!

「おもいでばこ」のホーム画面

「おもいでばこ」の操作は、テレビリモコン風のリモコンを使用します。PCが苦手な人はもちろん、ご家族がスマホで撮った写真をどうしていいか分からない場合にもとても便利に使えると思います。

「おもいでばこ」のリモコン

 

自動でバックアップしてくれる安心感

写真データは失うと戻って来ません。そのためバックアップが重要になりますが、「おもいでばこ」は本体にバックアップ用のハードディスクをつないでおくことで自動でバックアップをしてくれる機能がついています。

私は家に余っていたHDDを使いましたが、問題なくバックアップが取れました。外付けのHDDは相性もあると思いますので、買うのであれば動作保証があるもののほうが安心かもしれませんが。

「おもいでばこ」にバックアップHDDを接続

バックアップは手動でもできますが、電源を切るときに自動でバックアップしてくれるので、ハードディスクをつないでおけば意識しなくてもバックアップしてくれるのもいいですね!

「おもいでばこ」のバックアップ画面

 

SDカードだけでなくスマホやパソコンからも簡単に送信できます

カメラのSDカードを「おもいでばこ」本体に差し込んで取り込めるのはもちろんですが、スマホやPCからアプリを使って「おもいでばこ」に写真を送信することもできるので使い勝手がとても良いです。

私は写真をPCに全て保存してありますが、その全ての写真を送信したいわけではありません。写真サイト用に撮ったものなどは量がありすぎるので、おもいでばこには送信しなくてもいいかなと思っています。基準としては家族として残しておきたい写真、旅行など写真は「おもいでばこ」に保存するようにしています

子供達もスマホで撮ったものの中には見られたくない写真もあるでしょう。おもいでばこに保存したいものだけ選択して送信する、そんなことも簡単に出来るのも良い点ですね。

「おもいでばこ」に写真送信

きちんど保存しておきたい写真、みんなにみてもらいたい写真などを選んで、おもいでばこで保存すればバックアップまで自動でしてくれて、家族との共有もラクラクなのだから便利でないわけがありません!

「おもいでばこ」で写真取り込み中

 

写真は自動でカレンダーに整理してくれる

「おもいでばこ」に保存した写真は、自動で日付順にならびカレンダーに表示されます。写真が多くなると、日付で管理するのが一番ラクだと思いますので、カレンダー自動で振り分けてくれてくれるのは便利ですね。

また、その中から特別な日や旅行などをアルバム化して見やすくすることも出来ます。自由に特別なアルバム(フォルダ)を作れるのも良いと思います。

「おもいでばこ」のカレンダー画面

 

1Tモデル2Tモデルどちらがいい?プレミアムモデルもあり

「おもいでばこ」には保存できる容量によって、1Tモデルと2Tモデルがあります。どちらも上限40万のコンテンツが扱えます(その前に容量がいっぱいになればそれ以上は保存できません)。

スマホの写真をメインに保存したい方におすすめの1Tモデル

1Tモデルは仮に写真1枚が4Mバイトあったとしても約25万枚保存が出来ます。スマホの写真をメインに保存するのであればこちらのモデルで十分足りると思います。もちろん2Tの方が余裕はありますので、後は値段との兼ね合いかなと思います。

 

写真好きや動画も保存したい方におすすめ

私が買ったのは2Tモデルです。私は写真が好きなので膨大な量の写真を持っていますのでこちらにしました。おもいでばこは動画も保存可能なのですが、スマホで動画もたくさん撮るよという方は容量の大きいモデルの方が安心かなと思います。

 

機械が壊れても写真を守るためのバックアップ装置

HDDは壊れる時は壊れます!なので、どの「おもいでばこ」を選んでもバックアップ用のキットやHDDは絶対に接続してください。本体が壊れても写真のデータはお金では買えないものですからね。

バックアップ用の装置は、おすすめは専用品になります。(専用の品でなくても動作する場合は多いと思います。相性などは自己責任になりますが、USB接続のHDDをすでにお持ちの方は試してみるのもいいかもしれません。)

1TBのモデルには1TB、2TBのモデルには2TBのバックアップ機器を選んで下さいね。また、アマゾンではバックアップ用HDDがセットになっているものもあります。

 

3年保証がついてドライブの耐久性が高いモデルもあります。自分に合ったモデルを選んでみて下さいね!

 

セットアップも簡単

買った後のセットアップもとても簡単でした。電源ケーブルとHDMIケーブルをつなぎ、自宅のWifiに接続するだけです(有線でもつなげます)。その後はスマホやPCにアプリをダウンロードして「おもいでばこ」に登録するだけです。

PCで写真管理が出来ている人は、このような機械はいらないと感じている方もいると思いますが、家族との共有ができ、家族も安心して写真を保存できる場所があるのはとても便利です!

「おもいでばこ」本体

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る