feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

横浜山手西洋館・外交官の家・小客間

横浜の山手イタリア山庭園にある「外交官の家」は、名前の通り明治時代の外交官が住んでいた邸宅です。凝った作りの建物で、外観だけでなく室内も見ごたえがあります。

現在は感染症対策にて室内の写真撮影が禁止ですので、部屋の写真は以前撮ったものを織り交ぜながら「外交官の家」を紹介していきたと思います。

明治政府の外交官が住んでいた邸宅

「外交官の家」は1910年(明治43年)に建てられました。凝った作りのこの建物には、明治政府の外交官であった内田定槌氏が住んでいました。

横浜山手西洋館・外交官の家・外観

内田定槌氏はニューヨーク総領事やトルコ特命全権大使などを務めた外交官でした。

横浜山手西洋館・外交官の家・外観

 

J.Mガーディナーが設計した「外交官の家」

「外交官の家」はアメリカ人建築家であるジェームズ・マクドナルド・ガーディナーが設計をしました。

横浜山手西洋館・外交官の家・外観

1800年代中頃〜1900年代初期にかけてアメリカで流行したアメリカン・ビクトリアンという様式で建てられています。

横浜山手西洋館・外交官の家・外観

スレート葺き屋根、下見張りの外壁で、ベージュや黒・茶などを使ったシックな色使いもいいですね。

横浜山手西洋館・外交官の家・外観

鎧戸や塔のようなとんがり帽子の部分も印象的な建物です。部屋の中い入るとこの塔の部分の八角形の部屋がとてもいいアクセントになっています。

横浜山手西洋館・外交官の家・外観

 

当時は和館が繋がって建っていた

「外交官の家」はもともと渋谷・南平台にあり、寄贈をうけて横浜市が移築復元しましたが、当時は洋館に和館が繋がって建っていました。

横浜山手西洋館・外交官の家・和館

その一部だけは今でも残してあり、繋がっていた和の建物も想像できるようになっています。

横浜山手西洋館・外交官の家・和館

 

お客様をもてなすダイニングルーム

外交官の仕事上、家に招いて食事をする機会もあったため、食事をもてなすためのダイニングルームはとても重要な部屋でした。

横浜山手西洋館・外交官の家・ダイニングルーム(食堂)

 

重厚な造りで品格がある客間

客間は、大客間と小客間がありましたが、写真は小客間の方です。どちらの部屋も重厚で凝った造りになっており、外交に関する重要人物を招くのに相応しい部屋の造りになっています。

横浜山手西洋館・外交官の家・小客間

 

太陽の光が差し込むガラス張りのサンルーム

この当時の西洋館と同じくサンルームもありました。写真が部分的にしか撮っていないので分からないのですが、塔っぽい部分を利用した八角形のサンルームです。廊下のようなサンルームではなく、一部屋として人が集まれるような作りになっているのが印象的でした。

横浜山手西洋館・外交官の家・サンルーム

 

お供が待機するための供待部屋

外交官にはお供を連れた来客も多かったため、話をしている間にお供が待つ部屋ありました。交官ならではの部屋ですね。

横浜山手西洋館・外交官の家・共待部屋

玄関ホールの扉はステンドグラス

玄関ホールの扉はステンドグラスの装飾が施されていました。なんともいえないお洒落で贅沢な扉です。

横浜山手西洋館・外交官の家・玄関ホールのステンドグラスの扉

 

2方向から光りが入る明るい寝室

2方向から光が差し込むとても明るい寝室です。部屋は広く調度品も雰囲気はありますが、来客社用の部屋ほどは飾られていない雰囲気ですね。

横浜山手西洋館・外交官の家・寝室

窓際にあるテーブルなどでのんびりした朝を過ごすのもとても気持ちが良さそうです。

横浜山手西洋館・外交官の家・寝室

 

外交官が仕事をした書斎

さりげない装飾や見事な机が目をひく書斎です。造り付けの書棚の中には内田定槌氏の蔵書である和洋書が納められています。

横浜山手西洋館・外交官の家・書斎

 

モダンでお洒落なバスルーム

バスルームはとてもモダンでお洒落。水洗で洋式のトイレに洋風のバスタブがあありました。

横浜山手西洋館・外交官の家・バスルーム

シャワー水栓などもついつい見入ってしまいます。

横浜山手西洋館・外交官の家・バスルーム

 

 

 

1階と2階を結ぶ雰囲気のいい階段室

1階は客間やダイニングなどお客様が来る部屋、2階は寝室や書斎、浴室などの居住スペースになっています。そこを結ぶのがこの階段。海外の雰囲気が濃く漂う階段室です。

横浜山手西洋館・外交官の家・階段室

 

部屋の家具も見るのも楽しい

調度品は当時のものを復元したものなどが飾られています。

横浜山手西洋館・外交官の家・ブラケットライト

全てが当時のものではないと思いますが、調度品などをじっくり見るのも楽しいと思います。

横浜山手西洋館・外交官の家・窓とカーテン

暖炉やピアノなども楽しめました。

横浜山手西洋館・外交官の家・ピアノ

 

山手イタリア山庭園内にある「外交官の家」

「外交官お家」はJR元町駅の近くにある山手イタリア山庭園にあります。イタリア総領事館があったことから、イタリア山とも呼ばれている所です。

横浜山手西洋館・外交官の家・山手イタリア山庭園

この庭園は、イタリアで多く見られる庭園様式で作ってあり、水や花壇を幾何学的に配置してあります。

横浜山手西洋館・外交官の家・山手イタリア山庭園

山手イタリア山庭園にある2つの西洋館だけでなく、庭園自体も楽しめます。

横浜山手西洋館・外交官の家・山手イタリア山庭園

山手イタリア山庭園は、高台にあるので、庭園から横浜ランドマークタワーや横浜ベイブリッジも眺めることが出来ます。

横浜山手西洋館・外交官の家・山手イタリア山庭園

 

 

外交官の暮らしや仕事が思い描ける建物

外交官の仕事を想像しながら部屋を回ると、なるほどよく考えられていると思える建物が「外交官の家」です。とても美しい洋館で、外交官の暮らしを思い描ける建物です

横浜山手西洋館・外交官の家・外観

 

今回の記事の写真を撮影したカメラはフジフィルム X-S10

2020年12月発売のフジフィルムのデジタルミラーレスカメラ、X-S10で撮影しました。ボディー内手ぶれ補正があるため、レンズを問わず夜景にも強いカメラです。APS-Cサイズのセンサーで小型軽量なのも魅力です。

屋外のカメラは主にFujifilmのXS-10で撮っています(屋内は2008年にCanon Powershot G3で撮影)。

 

同じ場所にある「ブラフ18番館」もこちらで紹介しています

山手イタリア山庭園には「外交官の家」の他に「ブラフ18番館」という建物が建っています。同じ場所ですので、同時に見学するのがいいと思います。「ブラフ18番館」についてはこちらの記事で紹介していますので、是非ご覧ください。

 

外交官の家の場所やクチコミはこちら

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る