feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

トリプーの日記

ロケットみたいな岩がたくさんあるブライスキャニオン

道を少し外れて、ラスベガスとソルトレイクの途中にあるブライスキャニオンっていうナショナルパークへ行ってみた。

ここには、ロケットみたいな岩というか、お寺の屋根の先についてるかざりみたいな岩がニョキニョキたくさん生えているんだ。侵食されて出来たんだろうけど、不思議な光景。

この近くのアーチーズNPとキャニオンランズNPとグランドキャニオンNPとまったく違う。同じように侵食で出来てるのに、場所ごとに岩の形がこんなに変わってしまうのかもすごい不思議。

 

ザイオンナショナルパークでトレッキング

ブライスキャニオンを出て次はザイオンナショナルパークへ行った。ブライスキャニオンとラスベガスへの間にあるから寄ってみようってことになってたんだ。

移動にだいぶ時間がかかってしまって、夕方に公園のゲートに到着。ここの公園も侵食で出来たんだろうけど、ここの岩は「岩岩の山山」っていう感じだった。ってよく分からないか・・。

公園に入ってすぐに、なんだか少し気持ち悪いタイルのような模様の岩が出現。なんか、は虫類の皮膚みたいで気持ち悪い・・。きょーれつな岩。

先へ進むと、クルマは赤い岩山の中の細い峠道へ入っていくん。サボテンも見えた。道路が回りの風景に合わせて赤くなってるから、道路が自然の中に溶け込んでいるのもいいね。

この公園は、とにかくMが気にいったみたいで、感動の言葉を何度も聞いたよ。もちろん僕も「あの岩かっちょい〜」とか「すげ〜」とか言いながら走っていたけどね。このすごさは実際みないと伝わらないかもしれないけど、ほんとに良かった!

 

ザイオンナショナルパークのトレールを歩く

片側交互通行のトンネルを抜けると、ビジターセンターへ着いた。ここからはシャトルバスでしか奥へ入っていけないんだ。時計を見るともう18時すぎ。時間もないので、どこをみるかチェックしてからバスに乗り込んだんだ。

どう回るかは単純。最深部まで一気にいって、そこから戻りながら見て回る予定にしたよ。一番奥のバス停で降りて、トレールを歩き始める。気持ちいいね。

でも残念なことに、時間の制約で途中で引き返すことにしたのだけれど、あのカーブの先に何かあるかも知れないって思うとなかなか引き返せないんだよ。

とても気に入ったナショナルパークだったんで、「時間なさすぎ、ゆっくりしたい、ラスベガスをヤメテここに何泊かしようか?」なんて話しをしたくらい。

時間がない事を悔しがりながら次のポイントへ。20分くらいで往復できるトレールがあったので、それを行ってみたんだ。終点には水が滴り落ちる岩があって、侵食で岩がえぐれているところがあった。短いトレールだったけど、最後まで歩けたのは満足!

パッと展望台から見下ろせるような公園ではなく、トレールを歩かないと面白味が少ない公園だから、楽しむには、じっくり時間をかけてが良さそうだよね。それでも来てよかったけどね。そのうちまた来てゆっくりと見て回りたい!

 

この近辺の他のナショナルパーク

ザイオンナショナルパークは岩岩な山山で、トレールを歩いて下から岩を見て楽しんでいく。見るのにけっこう時間がかかる公園な気がするね。

ブライスキャニオンは上から景色を眺めるから、時間がなくても観光するのはラクかな。ニョキニョキ岩を上から見るのもいいけど、トレールを歩いて下へ行くと面白いんだろうな。

グランドキャニオンは、上から見下ろした風景がとにかくスゴイから、短時間で見て回って満足すると思う。観光しやすいから、あれだけの人気なんだろうな。

アーチーズも、岩の塔がある中をクルマで走って、そこから少しトレールを歩くわけだけど、見所が簡単に行けるところが多いから、とても観光しやすいかな。

キャニオンランズは4WDでのクルマでの走行が楽しいんだ。上から見る渓谷は、展望台の位置が今一歩なせいか、下に下りないと面白くない。オフロードバイクか4輪駆動車を借りないと面白さ半減だから、ちょっと敷居が高いかも。

 

夜21時までトレッキング三昧

結局夜の21時まで公園で遊んでいたので、すっかり途中で陽が暮れてしまったんだ。クルマだから出来る芸当だね。

モーテルについた時は22時近かったのに、モーテルではプールで泳いでる人もいたよ。カナダではこんなに寒いのによく泳ぐよって感じだったのに、ここでは僕も泳ぎたいと思うほどに暑い!

 


 

Mの日記

奇岩がニョキニョキ、ブライスキャニオン

今日は二つの国立公園に行ったの。どちらも「自然の不思議」を全身で感じたところでしたね。絶対に日本では見る事が出来ないスケールの大きさだからね。

ブライスキャニオンは大地の大きさを感じる事が出来るところ。そしてたくさんの奇岩がニョキニョキとはえているの。正確に言えばはえてきたのではなくて、土が削れてできた彫刻のようなもの。

途方もない時間をかけてこの姿を形成していったと思うと気が遠くなって、今、自分が本当に地球にいるのかしらとなんとも言えない気持ちになるの。

ここは所々にビューポイントが設けられていて、上から渓谷を眺める感じで、時間があればトレッキングも出来るみたい。

七日間有効の入場チケットなので、滞在してこの辺りを散策して回るひともたくさんいるみたいね。

私がとっても気に入ったのは、この後に行ったザイオン国立公園。

ここは前者とはまたまったく異なる景観のところで、岩山がそそり立っている間に道が作られていて、途中までクルマで入る事が出来るの。まさしくジュラシックパークみたいな趣で、とにかくウキウキワクワクしちゃったんだよね。

ジャングルみたいなうっそうと木が茂った感じはないものの、乾いた感じの岩肌に所々に草や木が生えていて、なんといっても赤い岩肌が目の前にそそり立っている迫力に物凄い力を感じて、圧倒されっぱなし。

スターウォーズに出てくるジャバザハットみたいな形の一枚岩の大きな山があったり、とにかく言葉ではいい尽くせない魅力タップリの場所です。

途中まではクルマで、その後はシャトルバスに乗り換えて奥地へ向かうの。以前は自家用車で奥まで入れていたみたいなんだけど、観光客が増えて現在のようになった様です。

帰る頃には、もうだいぶ日が暮れて来て、夕日に輝く岩山がとっても美しかった。そんな岩山をロッククライミングしている人もいましたよ。ここは滞在していくべき所だね。

公園内にロッジがあるし、もちろんキャンプも出来るようになっているの。少し離れたところにもたくさん宿があるから、多くの人たちは何日か滞在していくんだろうね。

私は断然キャンプをオススメしたいけどね。幸いな事に蚊がいないから快適だと思うよ。それに、日中はうだるような暑さだけど夜は涼しいからね。

今回は通り過ぎるだけになってしまったけれど、またもう一度絶対に訪れたい所となりました。

 


<Utah> 宿泊:LA VERKINのモーテル泊  天気:晴れ

<バイクのパーツは品揃え豊富なウェビックで!>
ウェビック 楽天市場店
コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る