feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

4月7日

「カルネの申請書を真剣に書かなきゃ」とか思ったけど、どうも筆が進まないなあ。
でも大雑把に書けるところは書いたから、すぐ書き終わるでしょう。やる気になればね。
あと今日は日通に電話して、見積書を送ってもらったけど、料金20万円になっていやがった。
手抜きしちゃってもう〜。でもこれより安くなるのは確実だから、まあいいか。
船のスケジュールは一応書いてあるしな。

PHOTO

日通からの見積書
けっこういいかげんです。
でも、しょうがないよなあ。
梱包してみないと
値段わかんねーんだから。

 

4月10日

よーし。旅行計画書とスペアパーツリストを完成させたぞ〜。

PHOTO

旅行計画書
あったり前だけど
この通りには
いかないと思うな。

PHOTO

北アメリカ大陸行程図
当然だけど、
行ってみなきゃわかんねー。
カナダだけで旅を
やめるかもしれないし。

PHOTO

南アメリカ大陸行程図
南米はホントに
行くのかなあ。
行く可能性はあるから
書いてるケド……

PHOTO

スペアパーツリスト
いやいやあ、
3月に考えたヤツより
減らしました。
でも多いなあ。

はっきり言って、計画どうりにコトは運ばないでしょう。
それに、俺自身も途中でやめたくなったら、一度日本へ帰ろうとも思ってるもんで。

俺はアラスカとBAJAカリフォルニアが見れればもう満足なんだから。
特に俺の友達に言うけど、100ccで世界一周とか期待しないでね。
なんか君達にそそのかされて、こんな計画になっちゃったんだから…。
(「そこまで行ったら、行きたくなるんじゃないの〜?」とか言うもんで。)

 

4月13日

父に保証人になってもらい、書類を一応書き上げた。
実印を押すところがなんと6箇所も。父のも入れると10箇所だ。
おまけに訂正印も実印だから、いったい何カ所押したことやら。
でもなんか、重みのある書類になったな〜。

 

4月15日

今日、東京へ行く用事があったので、JAFへ書類を出しに行ってきました。
でも面 倒くさいことになったんだな〜。

受け付けで、書類を見てもらっていると、
係りの女性社員さんは登録証明書のところで、ぶつぶつ言い始めた。
「このナンバーこれで平気なのかな〜?ちょっと待ってください。」と
道交法のコピーを持ってきた。
どうやら、俺のもらってきた証明書の「Midoriku A 2901」というナンバーは
登録出来ないはずの番号なのではないかと言うのだ。

通常はナンバーの頭には、神奈川県の場合"KNY"と言う文字(神奈川横浜の略)が入るらしい。
現に俺の友人の勝間田さんもKNY1というナンバーだった。
俺は「Midriku」の国際ナンバーなんて、
きっと誰ももってないから、コレがいいなと思っていた。
でも「JAFが道交法を違反してまで、そんなナンバーくれるハズないよね。」とか思っていたら、
どうやら道交法にはそこまでの規制はないらしい。
どうやらいままでの、慣例になっているようですね。

ということで、一件落着かと思いきや、
ナンバーを作る業者がナンバー作れないとか言いなすった。
俺の経験だと、「作れ!」と命令すれば出来ないはずないんだけど。
押しが弱いねJAFのおねーさん。JAFのおねーさんは、一人あわてて、陸運局へ電話してました。
おまけにKNYナンバーの登録書の再発行までお願いしてくれていた。
てなわけで、また陸運局に行かなきゃいけな〜い。ちゃんちゃん。

 

4月16日

さっさと申請したかったので、すかさず陸運局へ行ってきました。
昨日JAFのおねーさんが電話してくれてあったので、行ったら書類が出来てました。
手際がいいね。

さっそくナンバーが何番になったのか見てみると、半分予想はしてたけど、"KNY 1 "だった。
「よしっ、これで勝間田さんのバイクは俺の物だ。」な〜んて思うワケもなく、
彼と連番になるのを期待してただけに、ちょっと残念。
でもさ〜「陸運局っ!データの管理がなってないんじゃないの。」
受取りの際に、係りの人から、「ナンバーは、JAFさんの言うとおりに、
原付の登録順でつけときましたから、これでもう大丈夫ですよ。」と言われました。「
おいおい、もう" KNY 1 "っていう番号は登録されてるハズですよ〜。」
なんて係りの人に言えるワケもなく、「ありがとうございます!!!」といって、
この面 白い展開を一人よろこんでいましたとさ!

PHOTO

2代目登録証書

さて再発行してもらった登録証書と申請書一式をもって、その足でJAFへ、
うちからJAFまで2時間かかるんだよね。遠いよ〜。
JAFでは、書類のチェック等で1時間弱いました。これで完璧!無事受理されるかと思ったら、
「スペアパーツリストのTOTALの下についている罫線を、上に持ってきて下さい。」だって。
確かに見本もそうなってるぅ。「しまった〜!俺としたことがっ。」
スペアパーツリストだけ、カルネが出来るときに、再提出になってにまいました。

PHOTO

申請書類一式

あと保証金(JAFに預けといて、帰国後帰ってくるお金)は
いくら位 になるのか、尋ねてみました。
そしたらナント55万円位になってしまうそうです。
ブラジルの関税率が70%で、その他の税率が34%なので、
¥428.360(車両価格、輸送費、スペアパーツの総計)×70%+¥428.360×70%×34%
=¥547.444となるそうです。
「旅行に行く前にお金なくなっちゃうよ。」でも日本に無一文で帰って来たときは、
この50万円が救いになる気もするから、保険と思って、預けていくよ!JAFさん!」
ちなみに今日はJAFに¥35.720払ってきました。

 

4月24日

ホントは昨日カルネが出来るはずだったが、JAFから連絡があり本日になった。
今日は俺の誕生日でもあるので、なんとなく縁起のいい感じがする。
JAFへはカルネの受け取りに必要なもの、
「保証金」「実印」「スペアパーツリストの訂正したもの」をもって行きました。
船の輸送費は、梱包代等を含まない計算になるとのことで、
保証金は少し安くなり、約42万円でした。
私は帰ってきた時のことを考えて現金で保証金を預けることにしました。
カルネの保証金を渡し、書類をいくつか書かされた後、
JAFのおねーさんは「このナンバー友達のと一緒とは思いますけど」と
申し訳なさそうに渡してくれました。
カルネの書類の使い方も一通 り聞いて、無事JAF関係の手続きは終了しました。

PHOTO

これが国際ナンバーだ!
カッコイイ〜けどおもちゃっぽい!
海外のおまわりさんに
止められまくるんじゃないの〜
と思えるナンバーです。

PHOTO PHOTO

カルネ
表紙と中身。

ということで、無事全てカルネの準備は終わりました。
次は船の手配が待っています。はやくはしりたーい。

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る