feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

MT-21からシラックにタイヤを入れ替えましたが、このタイヤが持つオンロードでの快適性などの良さを再認識しました。

 

MT-21とシラックを使い分けはじめました

オフロード向けのMT-21をはかせていましたが、舗装路も比較的普通に走れるとはいえ、舗装路でのコーナリングはON寄りのものに比べてしまうと微妙です。MT-21はロードノイズもかなりあります。

スペアホイールを使い、シラックとMT-21を比較的容易に付け替えることが出来るようになり、シーンに合わせて良い方を使えるようになったので、友達とのオンロードツーリングはシラックで行くことにしてタイヤを入れ替えました。

 

舗装路でのシラックの良さを再確認

走り始めてスピードをあげると、シラックはとても静かで快適です。倒しこんだときの挙動もとても素直。グリップ感もいい。

シラックよりももっとON寄りのグリップ重視のタイヤをはいたこともありますが、KLR650にグリップが良すぎるタイヤは、倒しこみが重くなりすぎてイマイチなので、シラックぐらいのほどほどが丁度良いのです。

ほどよくグリップ感があって軽快なシラック、ぬかるみはかなり滑るので突っ込んではいけませんが、フラットダートであれば見た目以上に走れる性能も持っています。タイヤライフが長く、持ちがいいのも良いところですね。

ツーリングに毎回林道をいれる人はオフ寄りタイヤのほうがいいですが、舗装路を長距離移動して、たまにフラット林道を走るくらいの私にはとてもいい感じでお気に入りなのです。

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る