feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

静岡県林道マップ

2017年にバイクリターンした後の林道走行記録です。GOOGLE MAPの林道の線をクリックするとURLが表示され、林道の詳細ページを見ることができます。
ダート/半ダート 舗装路 ■制作中

→他の県の林道マップはこちら

 

※林道の通行状況や路面状況は変わりやすく走れるとは限りません。走行可否の判断は自己責任でお願いします。また林道を走る際は安全運転を心掛けてください。

 

静岡 伊豆【内浦重須見晴台への道】のルート地図・GPSデータ


内浦重須見晴台への道の地図

▲地図をクリックすると動かせるようになります。
地図の表示形式は右上のメニューから選べます。右上のロゴをクリックしてRIDE With Gpsのページへ行くと、GPSデータをダウンロードすることもできます。

絶景が見れる内浦重須見晴台へと続く、急勾配の舗装路

内浦湾の絶景が見れる内浦重須見晴台へと続く道は勾配がきつく砂利や落石がある舗装路でした。とにかく急斜面を上っていく細い道で、雨上がりの日に行ったこともあり、下りはフロントからコケないよう慎重に下りてくる必要がありました。

バイクなら行けなくはないですが、約800mほどで展望台へ到着するので、徒歩でも10〜15分ほどで絶景が楽しめます。行っておいてなんですが、普通の林道よりもコケそうな勾配があるため、徒歩推奨です。もし走る人は気を付けて下さいね。

走行日:2021/5/2

 

動画で見る、内浦重須見晴台への道

動画では急勾配さ加減がイマイチ伝わりにくいですが、下りの慎重さをみるとなんとなく想像してもらえるかなと思います。あまりすれ違う場所もない細い道で路面も良くないため、クルマでは入らないほうがいいかなと思います。

 

写真で見る、内浦重須見晴台への道

伊豆・内浦湾の長浜ヨットハーバーのあたりから大仁方面へと向かう道沿いに入口があります。場所は地図で確認してみてください。長浜ヨットハーバー方面から来ると左へ曲がります。

内浦重須見晴台への道

入り繰りを入るとプチ落石。でも路面に石などはとても多いです。

内浦重須見晴台への道

少し上ると小屋が出てきました。この辺は前日の雨で道の上を水が川のように流れていました。この辺りから勾配がきつくなります。

内浦重須見晴台への道

落葉や砂利がある路面なのにかなりの急勾配。みかん畑の脇を後輪がスリップしないよう上って行きます。

内浦重須見晴台への道

写真では分かりにくいですが、急勾配はずっと続きます。ここでUターンなんて出来ないので先へ進みますが、路面も濡れており下りは怖いだろうなぁ・・・と思っていました。

内浦重須見晴台への道

プチ崩落している箇所がありました。バイクは左の土の上を通れますが、左はガケなので注意が必要です。

内浦重須見晴台への道

最初のビューポイントが出てきました。ここは通過して上へ向かいます。

内浦重須見晴台への道

この区間は少し勾配も緩くなり、木漏れ日の中を快適に走れました。

 

内浦重須見晴台への道

展望ポイントである内浦重須見晴台へつきました。

内浦重須見晴台への道

チラっと横を見ると青い海が見えます。

内浦重須見晴台への道

バイクと風景で一枚。

内浦重須見晴台からの絶景

こんな感じで内浦湾や淡島がよく見える絶景に出会えます。本当は淡島の向こうには富士山が見えるのですけどね。雲で少し隠れています。

内浦重須見晴台からの絶景

この展望台よりも上に道は続いていますが、下へ向かいます。

内浦重須見晴台への道

先ほど通過したビューポイントが見えてきました。

内浦重須見晴台への道

道路脇に停めてバイクをパシャ。

内浦重須見晴台手前からの絶景

ここから見える風景はこんなです。ヨットハーバーの方は見えませんが、内浦の町のほうは良く見えました。

内浦重須見晴台手前からの絶景

さて恐怖の下りです。油断するとすぐ後輪が滑るほどの斜度なので、歩く程度のスピードで慎重に下りていきます。少しでもスピードが出てしまうと、私の腕でこの路面ではフロントからコケるの必須です。どんな感じかは動画をみてもらえれば・・。

内浦重須見晴台への道

路面が乾いていればもう少し走りやすいかも知れませんが、急勾配の路面には砂利が多く浮いていますので、もし行かれるならば慎重に進んで下さい。入口から800mほどで展望台で距離もあまりないため歩きがオススメです。

<知らない林道が見つかるかも知れない。>

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る