好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

通勤で3年間使用したチェーンはノビノビでした

通勤号のチェーンは、一度切れたことがあるノビノビチェーンでした・・・。
見てみると3年くらいは使っているようです。

並べてみるとやっぱり伸びていますね。
伸びるといっても、金属が伸びるわけでなく、
リンクの穴やピンが減って遊びの隙間が大きくなってチェーンが長くなると、
友達が言っておりました。

 

チェーンは、シマノ ULTEGRA CN6701 10段用に交換

新しいチェーンは、
先日スプロケットを変えて使えなくなってしまったビゴーレ号についていたチェーンですが、
使用回数は2回くらいなのでほぼ新品です。

古いチェーンをカットして、新しいチェーンの長さを合わせてカット。
リアはシングル化してあるので、スプロケットにチェーンを回して、
最短のところで切ればOKです。

コネクティングピンでつなぎ合わせて、チェーンテンショナーでテンションかけて終了。

 

シングル用のチェーンテンショナー

さて、このチェーンテンショナー、
スプロケットタイプではない格安のものです。

最初は下の写真のように、テンショナーでチェーンを外側に押していましたが、
チェーンが伸びてくると、それでは調整が頻繁になり、
チェーンテンショナーの上にチェーンを乗せる形にして走っていました。

チェーンは案外すぐ伸びてくるので、下側にチェーンを押すようにすると、
調整をマメにしなければいけないので、最初から上側を通しました。
上なのか下なのか、どっちが正しいのかはよく分かりません^^;;

このテンショナー、プラスティックのローラーがあるだけなので、
見た目が今一歩なのと、とゴロゴロと音がうるさいのが欠点です。
それは通勤号なので良しとしてますが・・。

壊れたら、もう少しちゃんとしたテンショナーにしたい所ですが、
壊れそうもないのが、良い点でしょうか^^;

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読
  • INTER8

    プーリー式のテンショナー、もう殆ど流通してません
    固定ギヤのブームが去ったからでしょうね