好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

雪道ツーリングに憧れて、スパイクタイヤを購入予定ですが、
タイヤを取り付ける17インチと14インチのホイールを準備しました。

 

雪中ツーリングがしたい

バイクでの雪道の経験は、富士山方面で数回ほど友達と走ったことはありますが、
バイク+雪の世界は、私には無縁と思っていました。

北海道最北端で年越しをしたり、雪中キャンプをしたり、
寒いのが苦手なこともあり、そこまではしたいと思わなかったのです。

しかし、長野のビーナスラインの雪道を走るバイク写真を見て、考えが一変。
「こういう風景の中を走ってみたい!」と思いました。

ビーナスラインは、スキー場で馴染みのある地域ですが、
「この辺なら来やすいかもしれない!」とも思ったのです。

 

原付なら合法的にスパイクタイヤがはける

調べてみると、原付二種はスパイクタイヤを合法的にはくことが可能でした。
高速移動の出来ない原付二種ですが、
クルマ積んでいけば、雪のある地域へ行くのは比較的簡単です。

XR100にスパイクタイヤを履かすことに決めました。

 

カブ用のタイヤサイズに合わせ、17インチと14インチに

スパイクタイヤは、スパイクをオフロードタイヤに打って作ることも出来ますが、
スーパーカブなど原付ビジネス車両のために、
17インチと14インチのスパイクタイヤ・スノータイヤは普通に売っていることが分かりました。
また、このサイズはタイヤチェーンも手にいれやすそうです。

XR100Rは、F19インチ・R16インチというサイズで、
スパイクタイヤのベースに出来そうなタイヤの選択肢が少ないので、
安価なスパイクタイヤが手に入りやすい、F17インチ、R14インチのホイールを
準備することにしました。

車高がすこし低くなってしまうのは、よいということにしましょう。

 

CR80(ドラム世代)とXLR80のタイヤがポン付けできる

XR100RをF17・R14インチ化で、サイズやハブの合うホイールを調べてみると。
フロントはCR80(ドラム世代)、リアはXLR80のホイールを合うことが分かりました。
なかなかなかったのですが、地道に探してゲット。
ハブを変える必要もなく、ポン付けです。

 

小径化でスタンドの高さが合わない

試しに、F17インチ、R14インチのタイヤを付け替えてみました。
ホイールの装着は問題ありませんでしたが、スタンドの長さが合いません。
バイクが立ちすぎて手前に転倒しそうです。
スタンドはXLR80用かなにかを取り付ければ平気かな?

↑F19インチ・R16インチ

↑F17インチ・R14インチ

寒さに負けてしまいそうな予感もありますが、冬のバイクが少し楽しみになってきました。
ホイールが手に入ったので、次はタイヤ選びをしないといけませんね。

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読
  • ぶとぼそ

    宗谷岬の年越しパーティーって今でも続いているようですね。
    知人が20年ぐらい前に行ってましたが、そのまま続けると死に直結するとかで止めちゃいま
    した(笑)。

    雪道サイクリングは何度か楽しんでますが、オートバイだとBAJAで挑んだ麦草峠で酷い目にあったので懲りてます(汗)。

  • tripoo_takas

    宗谷の年越しは、ずーっと続いているようですよ。
    私は寒いのダメなので、あんまり行ってみようとも思いませんでしたが(笑)
    昔は、怖い物知らずで、普段に毛が生えたくらいの装備で雪のあるとこも走りに行ったりしましたが、
    さすがに、いろいろ装備整えてからでないと、いろいろ考えちゃってだめですね^^;
    最低限、タイヤと、靴に履かせるスパイクはちゃんとしていかないと。