好きなジャンルを見るには
メニューをクリック→

オフ車の外装などに使われている未塗装PP樹脂のコーティング材、
ワコーズ スーパーハードを試してみました。
かなり良い結果が出たので、大満足しています!

 

塗装が向かない、未塗装のPP樹脂パーツ

登録から20年を超えた私のバイクKLR650は、未塗装PP樹脂の白化がとても目立っていました。

未塗装PP樹脂はオフロード車の外装によく使われていて、
グニャっとなっても割れにくい特徴がありますが、塗装することが難しいのです。

塗装のノリが悪くキレイに仕上がりにくいのです。
下地処理でキレイに塗れたたしても、曲がりやすいので結局はげてきてしまい、
塗装の維持が難しいのです。

 

現在は、未塗装樹脂のコーティング剤が充実している

KLR650の未塗装樹脂パーツは、特に青緑色の外装がひどい状態で、
古いままのチェーンカバーやトップケースも、白化が進み古びた感じでした。

これらのパーツのツヤを出すには、
昔は保護ツヤ出し剤を使うくらいしか手がなかったように思います。
仮に良いコーティング剤があったとしても、ネット時代ではなかったので、
知っているのはその道のプロだけではなかったのでしょうか。

保護ツヤ出し剤はいろいろな部分に使えて便利なのですが、外装に関しては効果が持続しません。
太陽と風にさらされる部分はすぐ元通りの白っぽい色に戻ってしまいます。

何か良いものがないか調べてみると、
現在は未塗装樹脂のコーティング剤がいろんなメーカーから出ていることが分かりました。
その中で、安定した品質のWako’sの製品の「スーパーハード」が目に留まります。
お値段けっこうしましたが、評判も良いので、これをつかってみることにしました。

 

WAKO’Sスーパーハードのラクラクコーティングで真っ黒に

まずは黒い部分を試したく、GIVIのリアボックスのコーティングをしてみました。
ボックスを拭いて、付属のスポンジでコーティングし、しばらくして布で拭き上げれば終了です。
かなりお手軽に出来て良いですね。

↓上がコーティング前、下がコーティング後
写真以上にコーティング前は白く汚く見えていたので、かなり良い状態になりました。

 

6ヶ月たっても効果は持続中!

チェーンカバーの黒い部分のパーツに、半分塗ってみました。
塗った時だけでなく、この黒さが長期間持続します。

雨天にバイクに乗ったりもしていますが、1ヶ月たった現在でも綺麗な状態でした。
これだけ効果が持続するならば、
汚くなってきたなぁと思った時に、洗車と一緒にコーティングすればよさそうですね。

その後、半年ほどたちますが、まだ樹脂パーツは白くなってはいません。
保管や走行条件によるとは思いますが、かなり効果が続いていて満足しています。

 

黒ではない、青緑の外装へのコーティングは?

黒いものに関しては、いい感じになることが分かりましたが、青緑の外装はどうでしょう?
試しに古い外装に塗ってみました。

汚れを拭き取ってからコーティング開始。
黒よりはムラになりやすいようですが、元の状態を考えると十分に良い感じです。

黒い樹脂は、染める系の塗料も出ているので、効果をさらに長持ちさせるにはそちらも選択肢になりますが、
色のついた未塗装樹脂は、うまく磨くかコーティングしか選択肢はないと思うので、
かなり使えることが分かり助かりました。

うっすらと撫でるようなバフがけをすると、PPもけっこうキレイになるみたいなので、
それからコーティングするといいのかもしれません。

↓上がコーティング前、下がコーティング後

コメントを書く

RSSでコメントをフォロー
feedlyで更新情報を購読

コメントはありません