feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

玉の柄を持っていきたいので、1本出しだった釣竿を運ぶロッドホルダー を、2本出しに改良しました。

 

たも網もマレに必要だから、玉の柄も持って行きたい

先日、釣竿を運ぶロッドホルダーを制作し、バイクで竿が1本運べるようになりました。
→制作過程:釣竿をバイクで運ぶため、ロッドホルダーを製作しました

40mmの塩ビパイプを使って作りましたが、これだと竿が1本しか持ち運べません。竿は1本で良いですが、マレに玉網を使うこともあるので、柄も運びたいところです。玉の柄は2つ持っており、1つは短く1つは長いもの。バイクで行きたい場所は、長いものでないと届かないので、カバンに刺していく選択肢はありません。

塩ビパイプがまだあったので、2本させるように、2本だしにする改良をすることにしました。

 

ヘルメットホルダーを避けるために、ステーを作り直しました

本来なら、下にもう一つ塩ビパイプをつなげればいいだけなのですが、ヘルメットホルダーを付けてしまったため、ヘルメットホルダーを避けるように釣竿のケースを配置しないといけません。しかたないのでステーを作り直すことにしました。

制作方法は前回と一緒です(→制作過程:釣竿をバイクで運ぶため、ロッドホルダーを製作しました

作り直してから、微調整して取り付け。思ったよりも、見た目の迫力がでてしまいました。ステーが長くなってしまった上、積載の重量が増えたので、折れた時の落下とタイヤへの巻き込みを考えて、もう一カ所どこか車体と接続したいと思っています(まだやってません)。

釣竿を運ぶロッドケースとヘルメットホルダーとの隙間もちゃんととれました。

2本出しのなんとも言えない仕様になってしまいましたが、夜釣りに行くときにだけ取り付けて行くので、見た目は二の次です!

製作日:2018/11/7

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る