feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

PHOTO

GIOS BALENO

念願のロード昨日自転車屋さんから出来上がったとの連絡をいただき、仕事へは行かずに(バカ!でも明日から本格的に忙しくなるので今日しかなかったのだ)、早速今日取りに行くことにしました。

自転車屋さんにて、MTBぺだるをくっつけてもらって、ローラー台に乗ってセッティング&レクチャー。
ローラー台も初体験なのでそれだけで感動。(顔には出さなかったつもりだけど)
セッティングは靴を持っていっていなかったのでとりあずのセッティング。
ハンドルやペダルのセッティングについても聞きかじっておいたので、後は自分に合わせてやります。
家についてからすぐにでも自転車に乗ってみたかったけど、
家にいるとイロイロと用事を言いつけられ結局夕方になって試乗しに行きました。
もちろんSPDシューズで。
クリートの位置合わせは、足のこの位置がココにくるようにと自転車屋さんに教えてもらいましたが、
乗ってみないと良く分からない為、適当にくっつけて行ってみることにしました。
ペダルの調整はもちろん最弱ではずれるようにしました。恐いので・・。
シューズは結構ハマりにくいのかと思いましたが、意外とカチッとすぐハマル。

家の近くの下り坂は慣れないポジションやブレーキということもあって、ソローリソローリと下りていく。
ドロップハンドルの上側を持っていましたが、試しにちょっと強めにブレーキしてみると、
ブレーキが効くのか、細いタイヤなのでグリップが弱いのか、すぐロックした。
平地でフロントインナーでちょっと漕いでみると35~40kmの間はすぐに出ました。
思ったよりもギアは軽くかんじます。

その後はサイクリングコースへ入りペダルを回してみると、
SPDシューズのおかげか、110回転くらいでも走れます。
なんとなく違和感があったので、サイクリングコースの途中でクリートを調整。
ポジションが慣れてないせいか、思ったよりもスピードは出ません(出せません)
スピードを上げようと思うと息が上がるし、ポジションに慣れるまではノンビリですかね。
6kmくらい走って家の前の坂を登って、明らかな軽さを感じました。
シラスとは圧倒的に違うのです。
ポジションが立ち漕ぎしやすいというのもありますが(シラスは立ち漕ぎ向きではないです)
どんどん上っていくような印象でした。
家について右側のクリートだけちょっと調整。明日は通勤で行ってみよう。

もっと乗ってみたくて、夕方に板金屋の友達のところへ行きました。
そして12kmくらいの距離を走行。鶴見川サイクリングコースは相変わらず路面も悪く
そのせいか、風のせいか、足のせいか、慣れてないからか、スピードに乗らない。
諦めてノンビリと走行していると、市が尾高校の先で生徒たちが部活動でが走っていました。
後ろにいるのに気づいてくれないので、ベルをならそうと思ったらベルがない・・・。
仕方ないのでサイクリングコースをそれて、車道へ。

車道へ出てこぎ始めると、すごい、アッと言う間に40kmが出ます。(無理してるけど)
これなら、足のある人が40kmで走れるのもうなずけます。
私でも30〜35kmくらいの巡航はOKそう。
距離を走ると無理かも知れないが、少なくともシラスよりは圧倒的に速い(あたりまえだけど)。
板金屋について少し話しをしていたら、自転車い最近乗ってる友達から電話があり、
帰りに寄り道をすることにした。サイクリングコースを走るにはライトがショボカッタので、
車道を行きました。ホント速いかも。だんだん慣れてきたからか、ちょっと走りが安定してきました。

でも疲れる〜。シラスにはじめて乗った時と同じ感覚。
足や心肺機能がないのに自転車が良く走るので、オーバーペースに走っちゃうかんじ。
無理してるつもりじゃないのに、無理しちゃってるっていうのかな。
途中の無理がたたって、友達の家の前の坂道がちょっと辛かった。
こんなときはもうちょい軽いギアが欲しいかも。鍛えれば問題ないんでしょうが・・・。
ビアンキのルポに乗っている友達と話しをしてすぐに帰るつもりが、
知らない間に8時半になっていて、速攻帰ったんだけど、カミサンはかなりムッとしていた。
風呂を待っていた子供も2人とも寝てしまっていた。かな〜り罪悪感。
なんだかんだで、今日は32kmくらい走ってた。慣れればシラスよりラクに距離を走れそうな予感。

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る