feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

瀬戸内の島々をつなぎながら走れるサイクリングコース・しまなみ街道。普段あまり自転車に乗らない初心車でも楽しめるしまなみ街道の魅力とレンタサイクルショップの情報などをまとめました。
※料金等の情報は変わると思いますので、最新情報は公式HPでご確認ください。

しまなみ街道って? 〜 尾道から今治までを結ぶ、しまなみ街道

瀬戸内しまなみ街道とは、広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ全長約60km(サイクリングロードは約70km)の道で、瀬戸内海に浮かぶ島々をつなぎながら、海峡を横断できる道です。

島々をつなぐのは、7つの橋。それぞれ橋の形が違うため、橋の美術館とも呼ばれるほどで、瀬戸内の美しい風景だけでなく橋自体をも楽しむことが出来ます。橋は西瀬戸自動車道という高速道路になっていますが、原付・自転車・歩行者の専用道路も併設されています。

 

しまなみサイクリングの人気の秘密! 〜 車では味わえない瀬戸内の島々の風景が眺められる

しまなみ海道サイクリングの人気の秘密は、美しい瀬戸内の島々の景色と初心者でも楽しめる施設や道路です。

 

サイクリングロードとして整備されていて安全

尾道から今治まで、サイクリングロードとしてしっかり整備されています。自転車歩行者専用の道と車道の脇にラインが引いてある道がありますが、車道も交通量はそれほど多くないので安心して走れます。

標識はもちろんですが、道路の脇にもサイクリングロードであることが分かるように色付けもされており、とても分かりやすく整備されています。

 

素晴らしい瀬戸内と島々の風景

瀬戸内海の美しい海やその先に浮かぶ島々を眺めながら走って行く事が出来ます。また、適度に町もあり、美味しい物を食べたりすることも楽しめます。

 

海の上を自転車で走れ、景色も眺められる

島々を結ぶ橋を、自転車や歩行者専用の道を使って走る事が出来ます。立ち止まって景色を眺める事は高速道路を走る自動車では味わえません。橋自体もとても魅力的ななので、景色も橋も楽しめるのがいいですね。

 

サイクリストの聖地を走ろう! 〜 橋を渡りながらの約70kmのサイクリングコース!

先ほども少し書きましたが、6つの大きな島を結ぶ橋は高速道路になっているのですが、すべての橋に歩行者・自転車・原付用の専用レーンがもうけてあります。自転車や原付で走ると、車では味わえない風景を楽しめるのがしまなみ街道です。

70km以上を1日で走るのは、サイクリング慣れしている人でないと難しいですが、2日に分けて走破する方もいます。まら、島を少しレンタサイクルで楽しんだり、手軽にサイクリングを楽しむことも出来るのがしまなみ街道です。

しまなみ海道は、世界で最も素晴らしい7大サイクリングコースの一つにもなっているサイクリングロードです。自分の自転車を持ち込んでも、レンタサイクルで気軽に楽しんでも、その良さが実感出来るサイクリストの聖地です。

 

初心者でも楽しめる!  〜 レンタサイクルやサポートのシステムが充実!

サイクリングでとても人気があるしまなみ海道は、マイペースでサイクリングを楽しめるように、設備や道路が整備されています。

自分の自転車を持って行って走ることはもちろん、レンタサイクルで手軽に楽しむことも可能で、いくるかあるレンタサイクルショップでは乗り捨が可能であったり、もしものトラブルの時は修理にかけつけてくれるサービスもあります。

 

どんなレンタサイクルショップがあるの?  〜 それぞれ特徴のあるレンタサイクルショップ

尾道や今治にいくつかあるレンタサイクルショップをご紹介します。どのショップも特徴あるレンタサイクルをしているをしているので、簡単にご紹介したいと思います。

 

しまなみレンタサイクル(しまなみジャパン/サンライズ糸山)

尾道市と今治市で運営管理している公営のレンタサイクルで、台数も多く料金や使い勝手も良いのでおすすめです。

しまなみレンタサイクルは、尾道駅・今治駅以外に、コース上に計13箇所のレンタサイクルターミナルがあります。乗り捨て専用のポイントもあり、全線走破の目的はもちろん、部分的に自転車を借りて楽しむという事も出来ます。

レンタルできる自転車も、クロスバイク、小径車、軽快車、タンデム自転車、子供用自転車、電動アシスト自転車など車種が豊富。

自転車に不具合が出た時は、代わりの自転車を届けてくれたり、近くのターミナルを案内してくれたり、サポートをしてくれるので安心です。

 

⚫️レンタサイクルの価格(一部抜粋)<2020年5月現在>

自転車タイプ大人小学生以下保証料※1
小径クロスバイク・クロスバイク・シティサイクル・軽快車1,100円300円1,100円
小学生以下500円
タンデム自転車※21,300円
電動自転車※31,600円

ヘルメットは無料で貸し出ししています。

※1:保証料は借りたターミナルへ返した場合に返却されます。他のターミナルへ乗り捨てた場合は、保証料が乗り捨て料金となり、返金はされません。
※2:タンデム自転車は、1日のみレンタル可能です。2日連続では借りれません。
※3:尾道側では、1日のみレンタル可能です。今治側では6時間のみレンタル可能です。

 

⚫️ターミナル情報

詳しいターミナル情報や最新の情報は、下記のレンタサイクルの予約お問い合わせ先に載っていますので、そちらをご確認いただければと思います。

 

⚫️予約時期

レンタルの予約は6ヶ月前からおこなっています。貸し出し台数は多いのですが、GWなどの連休は早い時期に予約が埋まってしまいます。また、貸し出し台数が多いので、レンタサイクルの手続き待ちもなかなか時間がかかるので、余裕を持った計画をした方がよいと思います。

 

⚫レンタサイクルの予約・問い合わせ先

尾道側:しまなみジャパン

今治側:サンライズ糸山

 

 

ジャイアントストア 尾道・今治

大手自転車メーカーのジャイアントがレンタサイクルをしています。ジャイアントストアは、尾道と今治にありどちらでもレンタサイクルを扱っています

スポーツ自転車のメーカーらしく、カーボンやアルミのロードバイクやクロスバイクなど、よく走る自転車をメインに貸し出ししていますので、しまなみレンタサイクルと比べると費用はかかりますが、普段自転車に乗っている方からは絶大な支持があります。

途中での乗り捨ては出来ませんが、尾道と今治でのみ3000円の追加料金で乗り捨てが可能です。ジャイアントストアで借りる方は、全線を走りたい方が多いと思いますので、尾道・今治間で乗り捨てが出来るのはうれしいですね。

 

⚫️レンタサイクルの価格(一部抜粋)<2020年5月現在>

自転車タイプ5時間日帰り1泊2日
プレミアムカーボンロード9,000円13,000円20,000円
カーボンロード5,000円7,000円12,000円
アルミロード3,500円5,000円8,000円
クロスバイク3,000円4,000円6,500円
キッズバイク2,000円3,000円5,000円

 

⚫️予約時期

ジャイアントストアでは2ヶ月前から予約を受け付けています。

 

⚫レンタサイクルの予約・問い合わせ先

ジャイアントストア尾道

ジャイアントストア今治

 

 

THE RED BYCYCLE ONOMICHI

リーズナブルにスポーツバイクが借りれるショップです。本通り商店街の中にある小さな自転車屋さんで、尾道駅からは歩いて4〜5分の位置にあり、アクセスはとても良いです。

ジャイアントストアと比べて、リーズナブルに走る自転車を借りれますが、個人のショップなので、17時までの返却となり、乗り捨ても出来ないので注意が必要です。

しかし、小回りがきく小さなショップらしく、持参したペダルやサドルを無料で付け替えてくれるサービスがあったり、ビンディングペダルのレンタルがあったりします。

レンタル代は抑えめにしたいが、よく走る自転車に乗りたいという経験者には魅力あるサービスになっています。

 

⚫️レンタサイクルの価格(一部抜粋)<2020年5月現在>

自転車タイプ1日2日追加1日
アルミロードバイク3,500円6000円3000円
e-Bike6,500円12,000円6,000円

オプションでビンディングペダル(SPD-SL/SPD)を500円/1日でレンタル。

 

⚫レンタサイクルの予約・問い合わせ先

 

 

瀬戸内案内舎たびしす

瀬戸田にあるガイド付きの少人数サイクリングツアーをやっている会社ですが、レンタサイクルもやっています。車種はクロスバイクや小径折り畳み車のブロンプトンやストライダです。子供を乗せる事も出来るキッズトレーラーがあるのも面白いです。

デリバリーや乗り捨てができるのも魅力です。6台まで積載できる車を出すようなので、距離が遠くなるほど割高になってはいきますが、希望の場所へ配達・回収をしてくれるのは助かりますね。

個人的には、瀬戸田の立地なので、全線走破ではなく、みんなが行かないようなコースをのんびり回ってみたいかなと思いました。

 

⚫️レンタサイクルの価格(一部抜粋)<2020年5月現在>

自転車タイプ4時間1日2日
クロスバイク2,000円3,500円6,500円
ストライダ2,000円3,500円6,500円
ブロンプトン3,500円5,500円10,000円
キッズトレーラー2,000円3,500円6,500円

 

⚫レンタサイクルの予約・問い合わせ先

 

 

BETTER BYCYCLE

尾道にある自転車ショップです。リーズナブルなレンタル料金なのが特徴です。車種は、ミキストフレームやホリゾンタルフレームの自転車、小径車にかごをつけたカーゴ車、の3種類でオシャレな街乗り自転車がメインで、乗り捨ては出来ません。

ミキストフレームの自転車があるのが面白いです。軽快車のようにまたがりやすいフレーム形状をしており、小柄な女性でもまたがりやすい自転車です。無理のない姿勢のポジションで7速ギアもついていますが、長距離より散策用としてレンタルすると楽しそうです。

 

⚫️レンタサイクルの価格(一部抜粋)<2020年5月現在>

自転車タイプ1日2日追加1日
全車種2,000円3,500円1,500円

 

⚫レンタサイクルの予約・問い合わせ先

 

レンタサイクルステーション尾道ベース

尾道駅から5分の立地にあり、小径車の電動自転車(E-BIKE)に力を入れてレンタルをしています。有名折り畳み自転車&ミニベロE-BIKEショップがメンテをしているので、コンディションも万全です。

航続距離の不安なE-BIKEですが、しまなみ海道の2箇所に充電ステーションを完備しており、1回500円で充電が可能です。

E-BIKEの他にも電動ではないミニベロやクロスバイク、子供車も用意しています。乗り捨てはできません。

 

⚫️レンタサイクルの価格(一部抜粋)<2020年5月現在>

5時間1日2日
市街散策用E-BIKE3,000円5,000円10,000円
ミニベロE-BIKE5,000円7,000円13,000円
ミニベロ2,000円3,500円6,000円
クロスバイク2,000円3,500円6,000円

 

⚫レンタサイクルの予約・問い合わせ先

 

どんな自転車を借りたらいいの?

レンタルショップを紹介しましたが、その中でどんな自転車を借りたらいいか分からないと思いますので、簡単に説明したいと思います。

しまなみ海道は橋へ上る道が坂道になっているので、ギアは付いていた方が良いと思います。走破を目指すなら、距離を走れるクロスバイクが一番おすすめでしょうか。クロスバイクはスポーツバイクですが、ハンドルが一文字なので抵抗なく乗れると思います。これは自分と子供の自転車ですが、クロスバイクはこういう自転車です。

ロードバイクも距離は走れますが、他の自転車を普段乗っていて乗ってみたい方、普段からロードバイクを乗っている方にした方が良いかなと思います。ちなみに私が以前乗っていた自転車ですが、ロードバイクとはこういう自転車です。

その他、ミニベロも楽しいし、思いのほか走ります。市街地散策や少し島を回りたいだけであれば、E-BIKEを借りてもいいかもしれませんね。あまりいい写真がありませんが、ミニベロはこんな自転車です。

軽快車(いわゆるママチャリ)は、非常に疲れるため長距離には向きません。全線走破であれば他の自転車を借りて下さい。もちろんレンタルショップ周辺での散策、乗り捨てで途中まで、など短距離での散策用途であれば大丈夫です。

 

どの季節がベスト? 〜 一年を通して温暖な瀬戸内地方

温暖な気候で一年を通して雨の少ない瀬戸内地方は、1年中サイクリングを楽しむ事が出来ます。特に5月のゴールデンウィークは、走って気持ちよい気候もあり、サイクリング目的で訪れる人で賑わいます。

自転車で走って気持ちがいいのは、気候の良い春・初夏・秋なのは間違いありません。しまなみ海道の景色とともに、自転車で走る楽しみが一番感じられるかなと思います。

しかし、真夏でも熱中症対策は必要ですが、都会ほどの暑さはありませんので、普段から外へ出ている人であれば過酷すぎる気候でもありません。太陽が降り注ぐ真夏の風景や、空気が澄んで美しい瀬戸内の島々がよく見える冬の風景もなかなか良いですよ。

 

持ち物や服装は? 〜 動きやすい服装であればOK!

しまなみ海道へ行くとタイツをはいた本格的なスタイルの人も多いですが、動きやすい服装であればなんでも大丈夫です。

足を常に回す自転車なので、ストレッチ性があるものが疲れないのでベストだとは思いますが、普通に足を曲げることが出来るパンツであれば大丈夫です。

スポーツ用自転車はギアがむき出しの場合が多いので、ばたつくパンツであれば裾の巻き込みをしないようにサイクリング用の裾バンドを使いましょう。

 

プランの立て方は

行きたいところ、やってみたいことは人それぞれで、やりたいことをするのが一番!下記を参考に自分なりのプランを考えて下さいね!

走破プランは2日かけると楽しめる

時間があるのであれば、やはり尾道〜今治の間を走破してほしいです。約70〜80kmほどの距離を走ることになるため、生口島、大三島、伯方島などの途中の宿泊施設を使い、2日以上時間をかけるのがおすすめです。

自転車は1時間で10kmほど進めるので、半分の40〜45km程度であれば、初心者でも食事や休憩を取りながら余裕を持って走れます。慣れている方も、走りっぱなしの旅にせず、じっくりいろいろ見ながら走るのもおすすめですよ。

レンタサイクルで気軽に遊ぶ

レンタサイクルを借りた場所から、無理のない範囲で気になる所を回ってみるのも楽しいです。観光地を回るのも良いですし、小さな島を一周してみるとかも楽しいかなと思います。

特に、尾道〜今治を結ぶしまなみ海道のメインルートは観光施設などもたくさんあり便利なのですが、そのルートを少し外れると、素朴でありのままのしまなみの風景を楽しむこともできます。

クルマで自分の自転車を持って行った私のプラン

私は1人で行ったことと、子供と2人で行ったことがあります。そのときのプランを参考までに書きます。1人で行った時のプランは参考にもなりませんが、無理の出来ない小学生の子供と2人で行った時のプランは参考になるかもしれません。

 

1人で行った時のプラン

1人で行った時は、クルマを尾道に置き、1日で今治まで走りました。そのままフェリーに乗り、とびしま海道を走り、広島へ。参考になりませんね・・・。

 

子供と2人で行った時のプラン

子供と走った時は、クルマで2台の自転車を運びました。尾道にクルマを置いて自転車でしまなみ海道へ出発。1泊目を伯方島の近くの身近島でキャンプしました。

2日目は今治まで走りビジネスホテルに泊しました。子供に自転車を公共交通機関で運ばせるのが難しかったため、ビジネスホテルに自転車を置かせてもらっておき、バスを使い尾道までいったん戻りました。

そしてクルマで高速道路を使って今治へ再び行き、自転車をピックアップ。その後はクルマで観光をしながら家へ帰ってきました。

この方法はピックアップのための往復に時間がかかりますが、慣れた自分の自転車が使え、小学生の子供でも無理なく全線走破することができます。

1泊目をキャンプでなく宿にれば荷物も減らせますし、もし夫婦+子供で行くのであれば、クルマのピックアップをお父さんに任せるということも出来ると思います。

 

駐車場情報

クルマで尾道に行った時の駐車場に関する情報です。

尾道駅前港湾駐車場

フェリー乗り場やレンタサイクルへのアクセスがよく、台数も230台と多く駐められる駐車場なので、一番便利かなと思います。1日の上限は2,000円です。2日駐めれば4,000円と繰り返しの料金体系です。

千光寺公園駐車場

山の上にあるため不便ですが、一日600円で駐めれる駐車場です。日数分を受付でまとめて払います。自分の自転車を持ってきて、時間をかけて回る時には魅力的な駐車料金です。

サンライズ糸山駐車場

今治側のサンライズ糸山の駐車場です。料金は無料です。正規の駐車上は台数が少ないため、繁忙期には臨時の駐車上が3カ所できます。長時間駐める場合は、臨時の駐車上をご利用ください。

 

無理のないプランで楽しみましょう!

全線走破だけがしまなみ海道の楽しみ方ではありません。海沿いを少し走ってみるだけでもとても気持ちがいいので、是非自分なりのプランでしまなみ海道を楽しんでくださいね!

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る