feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

K-AETS FUJIX 接写リング

今持ち歩いているFUJIのX-M1は本当に被写体に接近して撮れないため、手軽に持ち歩けそうなXマウント用の接写リングを先月購入しました。

K-AETS FUJIXというものです。あ、ケースは100均の品です(笑)

2種類の接写リング

購入した接写リングK-AETS FUJIXには厚みがが10mmと16mmのものが入っていました。

 

27mmf2.8レンズで試してみる

10mmの方を使用してみると、普段使用している27mmレンズでは、寄ってみても引いてもなかなかピントがあいません・・。
正確に計ってはいませんが、感覚的に3〜4cmで合うのですが、合焦できる範囲が極端に狭く、ストレスがたまります・・・。

 

XC16-50mmレンズで試してみる

27mmレンズだと寄りすぎになることも多くピントがシビアなので、キットでついていたもう一本の16-50mmレンズ(50mm側)も使ってみました。

こちらだとけっこうな範囲でピントがあいますし、画角がほどよくなるので使いやすそうです。

 

持ち運びは便利で、ツボにはまれば面白い

どちらのレンズを使うにしても、あまり使い勝手がいいものではありませんが、ツボにはまれば面白そうな遊び道具です。

リングは小さく鞄に入れておけるサイズなので、鞄にしのばせておいて、どうしてもマクロで撮りたいときにはいいかもしれません。

思ったよりじっくり撮る感じになるので出番少ないかもしれませんね・・・。適当に遊んでみようと思いますが、ちょっと私には合わなそうな予感・・。

 

K-AETS FUJIXを装着して実際撮ってみた写真

27mmレンズ+5mm接写リング。けっこうホコリがついててごめんない!でも雰囲気はなかなかいいですね。

K-AETS FUJIX 接写リングで撮影した写真

27mmレンズ+5mm接写リング。この組み合わせだと大きな花はこんな感じになります。f5.6

K-AETS FUJIX 接写リングで撮影した写真

 

16-50mmレンズ+5mm接写リング。50mm側で撮りました。f5.6

K-AETS FUJIX 接写リングで撮影した写真

 

ボケも出るので、ツボにはまれば思ったよりも良い感じには写るのですが、使い勝手は良くないので難しいです・・・。

ただじっくり撮ると面白い写真を撮れる可能性はありますね!

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

コメントはありません


ページのトップへ戻る