feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

ワイヤレス ホリパッド for Nintendo Switchを購入しました。プロコンのスティックは、左を直しても、次は右がダメになり、新しく買ったプロコンも同じように壊れるてしまったので、こちらをワイヤレスホリパッドを試してみることにしたのです。プロコンとの違いや操作感など、そのあたりをレビューしていきたいと思います。

ワイヤレス ホリパッドとは?

ワイヤレス ホリパッドは、ゲーム機器メーカーのホリから出ているNintendo Switch用のコントローラーで、2018年12月に発売されました。価格はプロコンよりも2000円ほど安いのが特徴です。

ホリはこれまでも任天堂製品のコントローラーなどを出しており、しっかりとしたメーカーです。任天堂のライセンスを受けており、Nintendo SWITCHのロゴもしっかり入っています。任天堂のライセンス商品なので、中華製品とは違い、スイッチのアップデートで使えなくなることもないので安心です。

 

内容物とUSBケーブルについて

内容物は本体、説明書、USB MicroB ケーブルの3点です。プロコンとの接続はUSB Type Cなので、ケーブル端子の形状が違います。USB MicroBも一般的な形状でありますが、Type Cが主流になってきているので、あわせておいて欲しかったのが本音ですね。

 

有線コントローラーとしては使えない

ワイヤレス ホリパッドは、プロコンのようにケーブルをつなげて有線で遊ぶことはできません。無線オンリーです。スイッチ本体とのペアリングは、コネクタのとなりにあるボタンで押して行うので、難しいことはありませんでした。

 

プロコンとワイヤレス ホリパッドの違い

性能面

大きく違うのは、HD振動、NFC(amibo)の機能のありなしです。振動がないと物足りないという方も多いと思いますし、amiboを良く使う人はプロコンの方が便利かもしれません。その分お安いのですけれどね。

形状と重さ

ボタンの配置は同じような感じですが、かなり大きくグリップが太いです。振動用のパーツが入っていないからか、重さはかなり違いとても軽いです。プロコンから持ち変えると違和感があるかもしれませんが、特に持ちにくいわけではないのですぐに慣れます。

 

ボタンの押し心地

ボタンは、カチャカチャいう音が少し大きく、軽い感じがします。スティックの高さも少し高いです。しかしスティックと十字、ABXYボタンは特に違和感なく使えます。一番違いが大きいのは、L・R・ZL・ZRボタンだと思います。

押すだけならあまり差は気にならないのですが、ゲームによっては少しやりにくいものもあるので、次の項目から、やったことのあるゲームで使った感想も書いていきます。

 

スプラトゥーン2やマリオカートは問題なし!

振動機能の違いはありますが、ボタンはもちろんジャイロの反応もまったく問題ありません。普通にプレイできました。マリオカートも普通にプレイできました。

 

フォートナイトにはオススメできないR・ZRのボタン形状

ビルダープロなどの設定で、RボタンとZRボタンを床と壁の設定にしている方が多いとおもいます。このRとZRをスライドさせて使うような時にボタン形状が邪魔します。

ワイヤレス ホリパッドの形状です。ZRボタンボタンの角が四角い上に、Rボタンを押すとZRとの段差がかなり出ます。そのため、Rボタンを押した後にZRボタンへ指をスライドさせると当たって痛いのです!出来ないわけではないのですが、この操作はプロコンの圧倒的に勝ちです。

ちなみにプロコンのRとZRボタンの形状です。Rボランを押しても段差があまり出来ずに、なめらかにボタン移動が出来ます。そのため、フォートナイトをやる人にはワイヤレス ホリパッドはあまりおすすめできないかも。

 

耐久性

まだ買ったばかりでボタンやスティックの耐久性は分かりません。ある程度使ってみてまた追記したいと思います。

 

こんな方におすすめ

・安くスイッチ用のコントローラーが欲しい人
・アミーボや振動機能にこだわらない人
・プロコンの修理に嫌気がさしている人
・フォートナイトをやらない人

遅延などもなくジャイロも違和感なく使えるので、2台目のコントローラーが欲しい方にもオススメですね。耐久性は分かりませんが、保証の切れたプロコンを郵送修理した金額に少しプラスするくらいで買えるのが魅力です。

コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る