feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<TRIPOO!! 〜バイク・自転車・釣り日記〜>バイク(KLR650・XR100)、自転車(Vigore)、釣り、DIYなど趣味の日記

細野高原

ゆるキャン△など色々なメディアで紹介されすっかり有名観光地になった細野高原を少し紹介したいと思います!

有名になり交通量が増えてしまったからか現在は山頂付近の駐車場への車両の進入が禁止されました。多くの車両が入れば必ず事故やトラブルが起きそうな道ですしね・・。

その細く白い道はとても魅力的ですが、たとえ走れなくなっても三筋山山頂はとても美しい風景が見れる場所。バイクを停めて歩いてみましょう!

野原を駆け上る細い道

三筋山登山道の下にある駐車場まで、すすき野原の間を林道のような道が走っています。ガードレールなしで1車線の細いコンクリート道路です。

以前に何度か走ったことがある細野高原の道ですが、現在は下にあるパラグライダー駐車場から先は進入禁止。立て看板があるので残念ですが走らない方が良いと思います。

そのため三筋山登山道下への駐車場へは歩いて行かなければならなくなりましたが、三筋山山頂からの眺望は素晴らしいので歩いてでも行ってみる価値はある場所です。

細野高原

パラグライダー駐車場という所はそれほど広くはありませんが、バイクは普通に停めれるのでそこが三筋山山頂に一番近い駐車場だと思います。(記事下部に地図貼ってあります)

 

登山道で三筋山山頂へ!

登山道の入口である三筋山下駐車場へやってきました。海や野原が綺麗ですが、野原の中に続く白く細い道がなんとも美しいですね!5月の写真なのでただの野原のように見えますが、秋には一面のススキ野原になるんですよ。

細野高原
この三筋山下駐車場まで、パラグライダー駐車場からは1km弱ほどの距離。歩いても20分〜30分だと思います。

そこから登山道の入口がはじまって、500mほどで三筋山の山頂へたどり着きます。ですので登山道は15分ほど歩くことになります。

細野高原

三筋山山頂への登山道は階段状になっていますが、整備はよくされているので歩きにくくはないです。素晴らしい景色を見ながら登山できるので足腰が大丈夫な人は歩いてみることをオススメします!

細野高原

階段状の登山道を上りながら、後ろを振り返って海を眺めてみました。まわりに木がないので解放的な大パノラマの風景が楽しめて最高です!

細野高原

途中にあった休憩所にたどりつきました。原っぱのような所にベンチが置いてありました。

細野高原

休憩所になっている広場から下を眺めると稲取の町が見えます。海の向こうに見える小さな島は利島ですね。

細野高原

さらに山頂に向かって少し上った所です。下には先ほどの休憩の広場が見えますね。

細野高原

みんな広場に立ち寄って下界を眺めますが、眺めている人もとても絵になりますね!

細野高原

山頂の方へ再び歩きはじめると風力発電の風車が見えます。草原のような山頂を歩く向こうに大きな風車があるのもまた不思議な風景です。

細野高原

 

伊豆七島が一望できる三筋山山頂

頂上までやってきました。頂上は広場のようになっておりとても解放的です。ベンチもあるので、大パノラマの中で休憩や食事も楽しめそうですね。

山頂からは伊豆七島も一望できます。この写真では左に大島、中央少し右に利島が見えていますね。

細野高原

細野高原の三筋山山頂の展望台です。景色は展望台に乗らなくてもどこでも楽しめますが、展望台には標高821mの山頂看板が設置されています。

細野高原

 

下から見上げる細野高原も素晴らしい

山頂付近がやはり一番素晴らしい景色が楽しめると思いますが、下から細野高原を見上げるのもなかなか良いです。

山に森がなく、牧場のような野原が続く姿はとても綺麗ですね。

細野高原

 

ススキ野原の中を歩けるイベントも開催

5月の写真なので牧場的な風景になっていますが、秋の細野高原は山一面がススキ野原になります。秋のススキのシーズンには、ススキ野原を楽しみながら歩くイベントもやっています。

イベント期間中は入山料が500円かかりますが、ススキシーズンの細野高原もまた素晴らしいですよ。こちらのホームページに詳細が出ますので気になる方はチェックしてくださいね。

 

細野高原の場所はこちら

三筋山山頂展望台の最寄り駐車場は三筋山下駐車場ですが、パラグライダー駐車場の標高あたりから先の山頂へ向けて上がる道は、現在は一般車両の進入を禁止しています。バイクであればここに停めて歩くのが一番いいかなと思います。

<行きたいエリアのおすすめ観光スポットが探しやすい!>
観光スポット約25,000件!楽天たびノート
コメントを書く
  •  

コメントはありません


ページのトップへ戻る